注目の記事 PICK UP!

スパイスが挽けるおすすめの電動コーヒーミル3選!スパイスミルとの違いも!

コーヒー豆を簡単に粉上に仕上げることができる便利な電動コーヒーミル。

自宅でハンドドリップコーヒーを楽しむために必須の器具ですが、料理好きの方の中にはスパイスも挽くことができそうと、ふと思った方もいるはず。

実際に下記のような疑問をちらほら聞きます。

  • 電動コーヒーミルでスパイスを挽いても良いの?
  • 電動コーヒーミルとスパイスミルの違いは?
  • 電動コーヒーミルでスパイスを挽きたいけどどれが良い? など

今回はそんな方のために、「電動コーヒーミルでスパイスを挽いて良いのか」「スパイスとの違い」「スパイスを挽くのにおすすめの電動コーヒーミルを3つ」紹介していきます。

電動コーヒーミルをスパイスミルとして使用する上での、メリット・注意点も解説しています。

この記事を読むことで、電動コーヒーミルをスパイスミルとして使用できるのかはもちろん、使う上でどんな注意点があるのかを知ることができます。情報収集として、この記事を活用いただけますと幸いです。

 

 

電動コーヒーミルでスパイスを挽いて大丈夫?

普段はコーヒー豆を挽くことに使う電動コーヒーミル。そのため『電動コーヒーミルでスパイスを挽いて良いの?』と考えている方も多いと思います。

結論からいうと、電動コーヒーミルでスパイスを挽いても問題ないです。
実際に、電動コーヒーミルでスパイスを挽いている方をSNSでも多く見かけます。

手動式のコーヒーミルでもスパイスを挽くことは可能ですが、手軽・時短ということも考えると電動コーヒーミルの方がラクに挽けます。

すでに電動コーヒーミルをもっていて、カレーなどに使うスパイスを挽きたいという方は早速使ってみましょう。

 

 

コーヒーミルとスパイスミルの違い


コーヒーミル、スパイスミルは両方とも「ミル=粉砕するための器具」のため、調理器具という点では大きな違いはありません。

以前までは、コーヒーミルは手動式・電動式の両方があるのに対し、スパイスミルは手動式がポピュラーで、種類の多さという点に違いがありました。

しかし、最近ではスパイスミルも電動式が販売されるようになりました。

また、シンプルでおしゃれなデザイン性や、ある程度細かさも調整できるなどスパイスミルも機能・デザインともに充実してきているため、コーヒーミルとの違いはあまりないといえます。

 

 

スパイスを挽くのにおすすめの電動コーヒーミル3選


ここまで、コーヒーミルはスパイスミルとしても使用できると解説してきました。
新たにスパイス用にコーヒーミルを購入したいと考えている方も多いと思います。

ここでは、スパイスを挽くのにおすすめの電動コーヒーミルを3つ紹介していきます。

コーヒー豆・スパイス兼用で使用できるコーヒーミルも1つ紹介していますので、兼用で使用したい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Melitta(メリタ)【電動コーヒーミル ECG62-1B】

ドイツに本社を置くコーヒー機器総合メーカー、メリタの電動コーヒーミルです。

コーヒー豆を挽くミルとしてはもちろん、スパイスを挽くミルとしても紹介されていることも多いほど評判です。

メリタ ECG62-1Bの特徴
  • 丈夫スイッチを押すだけの簡単操作
  • 一度に最大70g分のスパイスが挽ける
  • ミル刃は18-8ステンレスで丈夫かつ壊れにくい
  • 軽量、コンパクトサイズで場所を取らない

最大70gまで挽けてコンパクトなサイズ感なので、一人暮らしや二人暮らしの分量のスパイスを挽くのにピッタリです。

「一人暮らしや二人暮らしにピッタリのサイズ感のものがほしい」「シンプルな操作性のミルが良い」という方におすすめです。

サイズ 直径9.8cm×高さ18.3cm
容量 70g
水洗い ×
created by Rinker
メリタ(Melitta)
¥2,980 (2022/09/26 12:27:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

デロンギ(DeLonghi)【コーヒーグラインダー KG79J】

イタリアに拠点をもつ電気機器製造会社、De’Longhiのコーヒーグラインダー。

臼式なので、スパイスの粒度を均一に保つことが可能です。

デロンギ KG79Jの特徴
  • 120gの大容量でファミリー向けに最適
  • 臼式でスパイスの粒度を均一に保てる
  • つまみをまわすだけの簡単操作
  • 挽いたあとは自動停止機能あり

コンテナは120gと大容量。お子様がいるファミリー層は、カレーなどを作る時にスパイスも多めに必要のため重宝します。

コンテナは取り外し可能なので、挽いたスパイスをコンロへ持ち運びしやすい点もポイントです。

「子供がいるので大容量のスパイスが挽けるミルがほしい」という方におすすめです。

サイズ 幅13cm×奥行16cm×高さ26cm
容量 120g
水洗い ×

 

 

GEARGO【電動コーヒーミル 一台多役】

GEARGOはフードプロセッサーや電動歯ブラシを製造している中国のメーカーです。

製品名は電動コーヒーミルとなっていますが、スパイスや緑茶など一台多役と高性能です。

GEARGOミルの特徴
  • コーヒー、緑茶、穀物にも使用できる一台多役
  • ボタン1つの簡単操作
  • インテリアとしても馴染むおしゃれなデザイン
  • 強力モーター搭載のため短時間で挽ける
  • 水洗い可能

水洗い可能なので、種類の異なる食品を挽いてもにおい移りの心配がない点もポイントです。

「一台でコーヒーもスパイスも挽ける高性能のミルがほしい」という方に最適。

サイズ 幅13.0cm×奥行12.7cm×高さ21.9cm(梱包サイズ)
容量 50g
水洗い 〇(1分以上超えないこと)

 

 

電動コーヒーミルでスパイスを挽くメリット


電動コーヒーミルでスパイスを挽けることがわかっても、最近はスパイスミルも販売されているため、コーヒーミルを使うメリットがイメージできない方も多いと思います。

ここでは、電動コーヒーミルでスパイスを挽くメリットを3つ解説していきます。

 

1回で大量のスパイスをひくことができる

電動コーヒーミルは、1回で大量にスパイスを挽けるため、料理に必要な分のスパイスを時短で用意できる点が一番のメリットです。

通常のスパイスミルは1回で1人分や少量ずつスパイスを挽いていくため、ミルのスイッチを押し続ける必要があり時間と工数がかかります。

カレーやエスニック料理など、たくさんのスパイスが必要な場合は、電動コーヒーミルの方が1回でスパイスを大量に用意できるのでピッタリと言えるでしょう。

 

粗さを細かく調整できる

電動コーヒーミルだと、スパイスの粒度をより細かく調整できる点も強みの1つです。
最近はスパイスミルも粒度を調整できるタイプが多く販売されています。

しかし、コーヒーの方が好みや種類によって、粒度を粗く~極細など細かく調整する必要があるので電動コーヒーミルの方が粒度調整の範囲が広いです。

料理や好みによってスパイスの粗さも細かく調整したいという方は、電動コーヒーミルを使用とバリエーションが広がります。

 

使わない時はインテリアとしても最適

電動コーヒーミルはアンティーク調や木製で作られたものなど、おしゃれでデザイン性が高いものが多くインテリアとしても優秀です。

スパイスミルも手動タイプは動物型のデザインや、電動はステンレスでシンプルなデザインなどおしゃれなミルが販売されています。

しかし、電動コーヒーミルに比較するとデザインの種類が少ないため、キッチンやお部屋のインテリアにも合わせて、見た目にもこだわりたいという方は電動コーヒーミルから選んでみても良いでしょう。

 

 

電動コーヒーミルをスパイスミルとして使う際の注意点


電動コーヒーミルをスパイスミルとして使用する場合、注意点もあるためしっかりと理解した上で購入を検討しましょう。

複数のスパイスの香りが混ざる

これは下記のような使い方をした場合に、起こりうる注意点です。

  • コーヒー豆やスパイスなど別種類の食品を1つのミルで賄う
  • 複数のスパイスを1つのミルで挽く

カレーのように複数のスパイスを挽く時に使用する場合は問題ないです。

例えば、ご飯に色付けするために「ターメリックだけを使いたい」となった時に他のスパイスの香りが混ざってしまい、単独で挽いたスパイスの香りが感じられないことがあります。

 

コーヒー豆には使えなくなる

こちらも香りが混ざるという点で、本来の用途であるコーヒー豆を挽く道具として使用できなくなります。

スパイス同士で混ざるなら許容範囲という方はいると思いますが、コーヒー豆はにおい移りがしやすいなど、わりとデリケートな食品です。そのため、一度スパイスを挽いた電動コーヒーミルはコーヒーミルとして使用することは避けた方が良いでしょう。

しかし、ミルの中では水洗いできるタイプもあるため、水洗いを入念に行いにおいが気にならないという場合は使用しても問題ないこともあります。

 

 

電動コーヒーミルでスパイスを挽いて料理を楽しもう


今回は「電動コーヒーミルでスパイスを挽いて良いの?」という方に向けて、スパイスを挽いて良いのか、コーヒーミルとスパイスミルの違い、スパイスを挽くのにおすすめの電動コーヒーミルを紹介しました。

電動コーヒーミルでスパイスを挽くことは可能です。

  • 一度に大量にスパイスが挽ける
  • 細かな粗さ調整
  • インテリアとしても使える

というメリットもあります。

しかし、複数のスパイスを挽いた場合、香りが混ざり合ってしまうこと、スパイスを挽くとコーヒー豆を挽くことに使用できない注意点もあります。

スパイスミルよりも電動コーヒーミルを使用した方が便利ですが、注意点もしっかり理解した上で購入・使用するようにしましょう。
電動コーヒーミルでスパイスを挽いて、手料理のレパートリーを増やしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 《日本で買える!》海外製でおすすめのコーヒーミル6選

  2. 壁掛けコーヒーミルはどこで買える?購入場所と魅力について解説

  3. ドリップコーヒーに必要な道具

    ドリップコーヒーを入れるのに必要な道具一覧|初心者必見の美味しく入れるコツも

  4. 【2022年版】おすすめのドリップ一体型コーヒーミル4選!特徴や注意点も解説

  5. コンパクトなコーヒーミル6つ厳選!アウトドア・職場でも挽きたてを楽しもう

  6. 《初心者向け》おうちコーヒーを楽しむためのコーヒーミルセット5選!選び方も解説

  7. 国産でおすすめのコーヒーミル8選!国産ブランドのメーカーも紹介

PAGE TOP