注目の記事 PICK UP!

《家庭用に最適》エスプレッソが挽けるおすすめのコーヒーミル5選!

  • 自宅で本格的なエスプレッソを楽しむためにコーヒーミルを探している
  • エスプレッソが挽けるおすすめのコーヒーミルってどれ?

自宅でエスプレッソやラテ、カプチーノを楽しみたい方で、エスプレッソが挽けるミルを探している方は多いのではないでしょうか?

コーヒー豆が挽ける家庭用のミルは豊富ですが、エスプレッソが挽ける家庭用のミルは少なく、記事を見つけても業務用が紹介されている場合がほとんどですよね。

今回は、家庭用で使えてエスプレッソ粉が挽けるおすすめのコーヒーミルを5つ紹介します。
エスプレッソが挽けるコーヒーミルの特長選び方も解説していますので、情報収集から始めたいという方も、ぜひ役立ててみてくださいね。

この記事を読むことで、自宅で使えるおすすめのエスプレッソコーヒーミルを知れるだけでなく、自分に合ったミルを見つけることができます。

 

 

エスプレッソが挽けるコーヒーミルが必要な理由


「自宅でエスプレッソを楽しみたいけど、そもそもエスプレッソが挽けるコーヒーミルって必要?」と疑問に思っている方もいると思います。

一見、通常のコーヒーミルとかわりないように思えるエスプレッソ用のミルですが、通常のミルにはない特長もあります。
ここでは、エスプレッソ用のミルの必要性について解説していきます。

 

挽き目の調整幅が広い

通常のコーヒーミルは挽き目調整が「細挽き」「中細挽き」「中挽き」「粗挽き」がほとんどです。
しかし、エスプレッソが挽けるミルは「極細挽き」の調整が選択でき、更に細かい粒度で調整可能という特長があります。

「エスプレッソも挽けます」と記載のあるコーヒーミルも販売されていますが、挽き目の調整幅が狭いものがほとんどです。

自宅で本格的なエスプレッソが楽しめる

コーヒー専門店で、エスプレッソに必要な極細挽きされた粉を購入して自宅でエスプレッソを淹れることも一つの手です。
しかし、極細挽きは空気に接する面積が多いため、通常のコーヒー粉よりも酸化速度が早く、飲む時には本来の香りや味の鮮度が落ちていることがほとんどです。

自宅にエスプレッソが挽けるミルがあると、飲みたいタイミングで豆を挽くことができ、本来の香りや旨味を味わうことができます。

本格的なエスプレッソやラテを楽しみたい方は、必須といっても過言ではありません。

 

 

エスプレッソ用コーヒーミルの選び方


エスプレッソ用のミルにも様々な種類が販売されています。そのため、どれを選べば良いか迷っている方も多いと思います。

結論、選ぶ時に見るべきポイントは下記3つです。

  • 極細挽きに対応しているか
  • コニカル刃かフラット刃がミル刃で選ぶ
  • お手入れしやすさ

1つずつ解説していきます。

 

極細挽きに対応しているか

エスプレッソを飲む際は、豆を「極細挽き」で挽くことが必須となるため、選ぶ時はまず極細挽きに対応しているかを確認しましょう。

ちなみに、エスプレッソが極細挽きの理由は「エスプレッソ一気に圧力をかけて短時間で抽出するため、お湯と粉が接する面を広く取る必要がある」からです。

極細挽き以外で淹れようとすると、圧力がうまく伝わらずに味が薄いエスプレッソになり物足りなさを感じてしまう場合があります。
味にこだわりがある方は、より細かく粒度調整ができるエスプレッソ用ミルを選ぶと良いでしょう。

 

臼式かコニカル式かミル刃で選ぶ

エスプレッソ用のミルを選ぶ際は、ミル刃にも注目してみるとより自分に合ったミルを選ぶことができます。エスプレッソ用のミルで使われているミル刃は、主に臼式とコニカル式の2種類です。

臼式 コニカル式
挽き方 臼のようにすり潰しながら挽く 刃で豆を挟んで切り刻みながら挽く
特長 均一な粒度+微粉を少なく挽くことができる
→味のバラつきと雑味を抑える
回転速度が遅く豆の摩擦ダメージが少ない
→豆本来の香りや旨味が味わえる
備考 エスプレッソ用ミルの定番
手動式にも多い
電動式や業務用、高級式のミルに多い

ミル刃は、自分が重視するポイントはもちろん、ミルの扱いに慣れているかで選んでみると良いでしょう。

  • エスプレッソ用ミルを使い慣れていない初心者→臼式
  • ミルを使い慣れていて味にこだわりたい→コニカル式

 

お手入れのしやすさ

エスプレッソ用のミルを自宅で使う場合は、お手入れのしやすさも選ぶ上で重要になってきます。

お手入れがしにくいミルを選ぶと、後片付けが億劫で使わなくなったり、粉が残り次にエスプレッソを挽いた時に味が落ちるためです。

お店で選ぶ場合は、実際に分解をしてお手入れがしやすいかを確認しましょう。

通販などネットで購入する場合も、商品情報にお手入れのしやすさが画像付きで説明されていたりするので、欠かさずチェックしてみましょう。

 

 

エスプレッソ用でおすすめのコーヒーミル5選


エスプレッソ用でおすすめのコーヒーミルを、手動式で2つ、電動式で3つの計5つ厳選して紹介します。
比較しやすいように比較表も掲載していますので、手動式・電動式の各製品を見比べてみてくださいね。

 

手動式

手動式でおすすめのエスプレッソ用コーヒーミルを2つ紹介します。

下記条件を満たしたミルを掲載しています。

  • エスプレッソに適した極細挽き対応
  • 挽き目調整が30段階以上
  • 簡単分解設計でお手入れがしやすい
  • エスプレッソとコーヒー兼用

自宅用・アウトドア用にも最適【TIMEMORE Slime Plus 手挽きコーヒーミル】

2012年に上海で誕生したコーヒー器具メーカー、タイムモアの手挽きコーヒーミル。

軽量・コンパクトタイプのため、自宅使いでは場所を取らず使用できるだけでなく、大きな荷物にもならないのでキャンプやサイクリングなどアウトドアでも使用可能です。

Slime Plusのおすすめポイント

  • 表面は特殊なアルミボディで安定性があり、豆を挽きやすい
  • 36段階の粒度調整でハンドドリップ、フレンチプレス、エスプレッソまで◎
  • ステンレス製のミル刃は耐久性があり長く愛用可能
  • 独自開発の「E&B刃」で粉の均一性アップと微粉の発生を低減

シックな黒のデザインもおしゃれと、男女問わず人気を集めています。
「自宅用で使いやすいエスプレッソ用のミルを探している」「アウトドアでエスプレッソを楽しみたい」という方におすすめです。

サイズ 直径4.5cm×高さ16cm
コーヒー粉の容量 20g(約2杯分) ※1杯10g換算
ミル刃の種類 臼式
粒度調整機能 ◎(36段階)
極細挽き

 

 

自宅で本格的なエスプレッソを楽しみたい方に【JPpro】

トップバリスタである尾籠 一誠氏が全面監修したJPpro。

最大の特長は120段階の挽き目調整機能で、0.022mm単位で粒度を調整することができます。そのため、自宅で本格的なエスプレッソを楽しみたい方には必須のミルです。

JPproのおすすめポイント

  • 120段階の粒度調整機能
  • 高性能ベアリングで微粉発生を抑え、粒度の均一性をアップ
  • ハンドルの持ち手を逆三角形につくり挽きやすさを重視
  • 簡単分解設計でお手入れのしやすさも◎

高級感ある本体のデザインも評判のポイントです。
手動式のミルは、一度に1~2杯分しか挽けないものが多いですが、JPproは一度に3~4杯分挽けるので、家族でエスプレッソやコーヒーを飲む方にもピッタリです。

「自宅でお店のような美味しいエスプレッソを淹れたい」「エスプレッソの味をとことん追求したい」という方におすすめです。

サイズ 直径6.0cm×高さ20cm
コーヒー粉の容量 35~40g(約3~4杯分) ※1杯10g換算
ミル刃の種類 臼式
粒度調整機能 ◎(120段階)
極細挽き ◎(超極細挽きも可)

1ZPRESSO JPPRO

 

 

電動式

電動式でおすすめのエスプレッソ用コーヒーミルを2つ紹介します。
下記条件を満たしたミルを掲載しています。

  • エスプレッソとコーヒー兼用型
  • 摩擦熱が少なくエスプレッソ本来の味が楽しめるコニカル式
  • お手入れがしやすい

 

安い価格を重視する方に【BODUM(ボダム) BISTRO 電動式コーヒーグラインダー】

デンマークとスイスのキッチン用品メーカー、ボダムの電動式グラインダー【BISTRO 10903-913JP-3】。

最大の特長は、エスプレッソが挽けるコーヒーミルの中では価格が8,000円代と安い点です。
そのため、まずは安い価格で購入してエスプレッソが挽けるコーヒーミルを試したいという方にピッタリです。

BISTRO 10903-913JP-3のおすすめポイント

  • コニカル式のため、摩擦熱が少なくエスプレッソ本来の香りと風味が楽しめる
  • 低速回転のため機械音が小さい
  • ミル刃はセラミック素材のため、金属の匂い移りの心配は不要
  • ホッパーとコンテナは水洗い可能

価格が安いと機能面が心配になりますが、豆へのダメージが少ない設計なので自宅でも美味しいエスプレッソを淹れることができます。
「まずは安い価格でエスプレッソが挽けるミルを試してみたい」という方におすすめです。

サイズ 幅18.0cm×奥行16.3cm×高さ27.5cm
コーヒー粉の容量 40g(約4杯分) ※1杯10g換算
ミル刃の種類 コニカル式
粒度調整機能 〇(3段階)
極細挽き ×

 

 

家庭用のエスプレッソ用コーヒーミルで評判【DeLonghi(デロンギ) コーヒーグラインダー KG364J】

デロンギは、イタリアの家電ブランドメーカーで、コーヒーやエスプレッソのコーヒーメーカーなどを販売していることでも有名です。

最大の特長は14段階の挽き目調整が可能で、極細挽き・細挽き・中細挽き・中挽きの4つのモードから設定できる点です。
エスプレッソだけでなく、モカ用やドリップコーヒーの豆も挽けるなど汎用性も高いです。

KG364Jのおすすめポイント

  • 14段階の粒度設定が可能
  • ツマミを回すだけとシンプルな操作性
  • エスプレッソの香りと風味を保つ低速グライティング

最大で110g(約10人分)のエスプレッソ粉が挽けるので、家族や大人数でおうちカフェを楽しむ場合にも最適です。
「電動式でエスプレッソ粉が挽けるミルを探している」「シンプルで使いやすい操作性のミルがほしい」という方におすすめです。

サイズ 幅13.5cm×奥行19.5cm×高さ27.5cm
コーヒー粉の容量 110g(約11杯分) ※1杯10g換算
ミル刃の種類 コニカル式
粒度調整機能 〇(16段階)
極細挽き

 

 

エスプレッソ本来の香りと味を楽しめる【Breville(ブレビル) BCG600SIL The Dose Control Pro】

オーストラリアの家電メーカー、ブレビルが販売しているBCG600SIL The Dose Control Pro。

最大の特長は、60段階の精密な挽き目調整が可能な点です。そのため、最も細かいエスプレッソ粉から粗めのフレンチプレスまで挽くことができます。

BCG600SIL The Dose Control Proのおすすめポイント
  • 電動式では珍しい60段階の挽き目調整
  • ミル刃がステンレス素材のコニカル式のため摩擦熱が少なく、エスプレッソ本来の香りと風味が味わえる
  • 挽く時間を1秒刻みで調整可能

業務用でも使える機能性の家庭用のミルなので、お店のようなエスプレッソを淹れたい方には必須のミルです。
「電動式で機能性を重視したい」「電動式でエスプレッソの味を追求したい」という方におすすめです。

サイズ 幅15.2cm×奥行20.3cm×高さ34.3cm
コーヒー粉の容量
ミル刃の種類 コニカル式
粒度調整機能 ◎(60段階)
極細挽き

 

 

エスプレッソ用コーヒーミルで自宅でもエスプレッソを楽しもう


いかがでしたか?
今回は、家庭用に最適なエスプレッソが挽けるおすすめのコーヒーミルを5つ紹介しました。

自宅で本格的なエスプレッソを楽しみたい方は、『極細挽き』の調整機能がついたミルを選びましょう。
余裕があれば、コーヒー用とエスプレッソ用でミルをわけて使うと故障しにくいのでおすすめです。

ぜひ、エスプレッソが挽けるコーヒーミルを購入して、自宅でもエスプレッソやラテ、カプチーノを楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. コーヒーミル

    コーヒーミルおすすめ15選!手動・電動別に人気商品を紹介

  2. 猫の糞から作られる『ジャコウネココーヒー』の値段・味は?美味しい入れ方も

  3. コーヒーキャニスターとポット

    コーヒーキャニスターの選び方&おすすめ10選!使い方・保存方法も

  4. コーヒードリップセット

    コーヒードリップセットおすすめ10選!初心者向け〜おしゃれなギフト向けも

  5. コーヒーとスイーツ

    コーヒーと相性抜群のスイーツ10選!選び方や合わないお菓子も

  6. 美味しいコーヒーフロートの作り方|人気のアレンジレシピも

  7. 手動コーヒーミルのおすすめ6選!おしゃれ・キャンプのジャンル別に紹介

  8. コーヒーとお菓子

    コーヒーに合う人気お菓子12選!コンビニで買えるもの〜お取り寄せまで

  9. 業務用の水出しコーヒー器具

    業務用の水出しコーヒー器具おすすめ5選!美味しく入れるコツも

PAGE TOP