注目の記事 PICK UP!

ドリップコーヒーグッズおすすめ15選!初心者向け器具〜便利グッズまで

コーヒー器具

『ハンドドリップコーヒーに必要な器具を探している』
『初心者にピッタリのハンドドリップ用のコーヒーグッズが知りたい』
このように思って、ハンドドリップに必要なコーヒー器具を探している方は多いのではないでしょうか?

ハンドドリップ初心者だと、「どのコーヒー器具を揃えたら良いのか」「初心者に扱いやすい器具はあるのか」など悩みどころが多く、器具選びで挫けてしまいそうになりがちですよね。

今回はこれからハンドドリップを始める初心者に、最低限必要なコーヒー器具を始め、初心者でも扱いやすいおすすめのコーヒーグッズをご紹介します。

美味しいドリップコーヒーを淹れるためのポイントもご紹介しておりますので、参考にしていただけると幸いです。

 

ハンドドリップコーヒーに必要な道具

コーヒー豆が入ったコーヒー器具
まずは、ハンドドリップに最低限必要なコーヒー器具をご紹介します。

 

コーヒーミル

コーヒーミルコーヒーミルは、コーヒー豆を挽くための器具』です。手動で挽くタイプと、電動で挽くタイプの2種類があり、手動タイプの方が安価です。

挽きたてのコーヒーは、コーヒー豆本来の香りと旨みを最大限楽しむことができます。

 

コーヒードリッパー

コーヒードリッパーコーヒードリッパーは、粉状にしたコーヒー豆にお湯を注ぎ抽出するために必要な器具』です。

材質は「陶器」「ステンレス」「プラスチック」底穴は「1つ穴」「2つ穴」形状は「円錐形」「台形型」と、メーカーによって種類が様々です。

種類によって、お湯の落ちるスピードや蒸らし時間も微妙に変わってくるので、自分好みのコーヒーに味を調整できます。

 

ペーパーフィルター

ペーパーフィルターペーパーフィルターはドリッパーと組み合わせて使用し、『抽出したコーヒーに粉が落ちない様にろ過するための器具』です。

漂白している”白色”と、無漂白の”茶色”の2種類があり、無漂白の茶色は環境にやさしい素材と言えます。

コーヒーの旨みと香りを抽出する意味では、どちらの色を選んでも差はありません。

それよりもペーパーフィルターで重視すべきは、ドリッパーに合うサイズや形状です。サイズや形状が合わないと、コーヒーの旨みや香りをうまく抽出することできないので、サイズや形状に合ったものを選びましょう。

ポイントは、ドリッパーと同じメーカーのフィルターを選ぶことです。

 

ドリップポット

コーヒードリップポットドリップポットは、『お湯を注ぐためのコーヒー専用のポット』です。

電気ケトルややかんでも問題ないように思えますが、「美味しいコーヒーを淹れる」「毎回同じ味を出す」には、一定の湯量で注ぐことが必須になってきます。

ドリップポットは注ぎ口が細く作られているので、「湯量を一定にコントロールしやすい」「粉の狙った部分に注ぎやすい」という大きなメリットがあり、美味しいコーヒーを淹れることができます。

ハンドドリップで美味しいコーヒーを淹れたい方には、おすすめの器具です。

 

コーヒーサーバー

コーヒーサーバーコーヒーサーバーは、「抽出したコーヒーを溜めるための器具」です。1杯など一人分の場合は、マグカップ等に直接ドリップすれば良いので不要です。

しかし、二人分以上など複数杯のコーヒーを淹れる場合は、コーヒーを溜めるサーバーがあると非常に便利です。

注ぎ分けて淹れることで味が安定するだけでなく、素材によってはコーヒーが冷めても、電子レンジやガス火などで温め直すことができるので重宝します。

 

 

ドリップコーヒーグッズおすすめ15

コーヒー器具
ハンドドリップに必要なコーヒー器具15個をご紹介します。

「初心者向け器具」をメインに、プラスであると「便利なグッズ」も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

初心者向け器具

コーヒーミル

HARIO(ハリオ)【コーヒーミル セラミックスケルトン】

HARIO MSCS-2B

出典:amazon

臼はセラミック製、金属部はステンレス製なので丸洗い可能なコーヒーミルです。

セラミックの臼は金属臭が少なく錆びないため、お手入れも簡単で長く愛用できる点が魅力です。

コーヒー豆を挽く際に、付属の底カバーを滑り止めできるだけでなく、挽いた後はフタをすればそのままコーヒー粉の保存容器にもなり便利です。

酸化を防止できるので、コーヒーの風味にこだわりたい方にピッタリ。

初心者でも使いやすい仕様なので、「これからハンドドリップを始める」という方におすすめです。

サイズ 幅13.7cm × 奥行19.8cm × 高さ10.2cm
タイプ 手動
特徴 ■丸洗い可能 ■滑り止め付 ■おしゃれなデザイン
created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥2,121 (2022/09/26 07:09:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

Kalita(カリタ)【手挽きコーヒーミル KH-9】

カリタ コーヒーミル手挽き

出典:amazon

おしゃれなラバーウッドデザインなので、コーヒーミルとしてもインテリアとして楽しめる手挽きミル。

最大の特長は、ハンドルやストッパーといった部品を外すことで、コーヒーの挽き方を調整できる点です。そのため、コーヒー豆の挽き方から、トコトンこだわりたい方にはおすすめの器具です。

臼は「硬質鋳鉄臼歯」を使用しているため、切れ味が良いだけでなく頑丈なので長く使用する事が可能です。

また、粉受けの部分はねじ込み式になっているので、コーヒー粉を挽いている最中や挽いた後に、部屋中にコーヒーの香りが漂います。

サイズ 幅18.0cm × 奥行8.5cm × 高さ17.5cm
タイプ 手動
特徴 ■パーツの取り外しで好みに合った挽き目を選択
■おしゃれなウッドデザイン
created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥2,555 (2022/09/25 21:00:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

DeLonghi(デロンギ)【コーン式コーヒーグラインダー】

デロンギ コーヒーグラインダー KG366J

出典:amazon

コーヒー豆の挽き方にこだわりたいという方におすすめなのが、デロンギのコーン式の電動コーヒーグラインダー。

コーン式は、固定された刃と回転する刃の間を、コーヒー豆が通ることで粉砕する方式です。摩擦熱が少なく風味豊かに仕上がる上に、粒子の均一性が高く雑味が少ないので、コーヒー好きには打って付けです。

最大の特長は、コーヒー豆の挽き目を16段階挽く量を1~12杯の間で設定できること。そのため、エスプレッソ・ドリップ・ネルドリップなど、用途ごとにコーヒー豆の挽き目を調整できます。

1度に12杯分のコーヒー豆を挽けるので、コーヒー粉が約110g入る大容量のコンテナがついています。大人数のコーヒーを準備する際にも便利です。

ホッパーが所定の位置に装着されていないと作動しないように、安全ロック機能がついているので、不注意でホッパーが動く心配も不要です。

サイズ 幅13.5cm × 奥行19.5cm × 高さ29.0cm
タイプ 電動
特徴 ■16段階の粒子設定
■飲みたい分だけ挽ける杯数ダイヤル式
■大容量コンテナ付き
created by Rinker
DeLonghi(デロンギ)
¥20,000 (2022/09/26 11:00:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

コーヒードリッパー

HARIO(ハリオ)【V60 コーヒードリッパー VDM-02-MB】

ハリオ V60 メタル コーヒードリッパー

出典:amazon

円錐型で1~4杯分のコーヒーを抽出できるハリオのコーヒードリッパー。1杯分にも対応しているので、マグカップに直接ドリップすることも可能です。

円錐型で1つ穴ドリッパーの特徴は、お湯を注ぐスピードを変化させることでコーヒーの味わいが変わること。

円錐は台形型に比べて抽出速度は遅いですが、お湯を注ぐとコーヒーの粉に深い層ができます。できた層に向かって穴までお湯が流れるため、コーヒー本来の旨みや風味を惜しみなく抽出してくれます。

内側にある凹凸が、ペーパーとドリッパーに隙間を作り、蒸らしの際にコーヒー粉が膨らみやすくします。そのため、初心者でも蒸らしの工程で「膨らまない」と苦戦することがありません。

シンプルで重みのあるブラックは、インテリアとしてもおしゃれと人気を集めています。ハンドドリップ初心者で、「使いやすい&おしゃれなドリッパーを探している方」におすすめです。

素材 ステンレス
対応サイズ 1~4人分
特徴 ■初心者でも扱いやすいドリッパー
■シックでおしゃれな色味

 

Kalita(カリタ)【陶器製コーヒードリッパー 102-ロト】

 カリタ コーヒー ドリッパー 陶器製 102-ロト

出典:amazon

コーヒー機器メーカー「Kalita」で定番のコーヒードリッパー器具。初心者でも使いやすく、おしゃれな陶器製とカラーなので、見た目を重視したい方におすすめです。

台形型の3つ穴タイプなので、自然な速度でドリッパー内にお湯が流れ、雑味を抽出することがありません。そのため、コーヒー本来の旨みとアロマを味わえます。

また、初心者でもお湯を注ぐスピードなど、細かな調整が必要ないため、初めてのハンドドリップでもお店のようなコーヒーを再現できます。

カラーは「ブラック」「ホワイト」「ブラウン」の3色展開。中でもインテリアとしてもおしゃれなブラウンカラーは、日本の職人のみが出せる色合いなのでブラウンのみ日本製となっています。

おしゃれなデザインや使いやすさだけでなく、生産国も重視したい方にピッタリです。

素材 陶器
対応サイズ 2~4人分
特徴 ■日本製(ブラウンのみ) 
■雑味がでにくい3つ穴

 

 

コーヒーフィルター

HARIO(ハリオ)【V60 ペーパーフィルター】

ハリオ V60ペーパーフィルター

出典:amazon

ハリオ製品のV60シリーズに対応した、漂白タイプ(白色)の円錐形ペーパーフィルターです。

大容量の500枚セットなので、「毎日コーヒーを淹れたい」「手間を省くためにまとめて購入したい」という方におすすめです。

「最初は器具を揃えたい」「時々コーヒーを飲む」という方は、100枚入りを購入することをおすすめします。フィルターには開きやすさを重視した耳がついているので、開くときの煩わしさが不要で便利です。

 

Melita(メリタ)【コーヒーフィルター グルメシリーズ ブラウン】

Melitta コーヒー フィルター ペーパー

出典:amazon

コーヒー器具で有名なメリタが開発した、無漂白(茶色)のペーパーフィルターです。4~8杯用なので、複数人用や多めにコーヒーを作りたい方にピッタリです。

スーパーミクロウェイと呼ばれるキメ細かいメッシュにより、コーヒー豆の余分な雑味を通さないので、誰でも簡単に本格的なコーヒーを抽出できます。

また、メリタ独自の「S字構造」によるろ過システムによって、2倍のコーヒーオイルを抽出するので、香り高いバランスの取れたコーヒーに仕上がります。

無漂白(茶色)なので、フィルターの独特な臭いが移る心配も不要です。飲み口がスッキリとしたコーヒーを淹れたい方に、おすすめのペーパーフィルターです。

 

 

ドリップポット

HARIO(ハリオ)【V60 ドリップケトル・ヴォーノ】

ハリオ V60ドリップケトル・ヴォーノ

出典:amazon

初心者からベテランやプロの方まで愛用する、ハリオのドリップポット。

ブラックの色味は、シンプルでありながらもシックなデザインで、インテリアとしてもおしゃれと人気を集めています。

最大の特徴は、IH・ガスコンロ・エンクロヒーラー・ハロゲンヒーターなど、家庭にある全ての熱源に対応している点です。

握りやすく手に馴染むハンドルと、湯量を一定に保つ注ぎ口はお湯を注ぐスピードをコントロールしやすく、繊細な動きが可能です。

ハンドドリップ初心者でも扱いやすいので、どれを購入するか迷っている方におすすめのドリップポットです。

材質 ステンレス
サイズ 長さ14.7cm × 幅29.2cm × 高さ14.4cm
容量 1.2L
特徴 ■初心者でも扱いやすい仕様
■マットでおしゃれなデザイン

 

Kalita(カリタ)【コーヒーホーローポット】

カリタ ホーローポット1L &カリタ

出典:amazon

「&Kalita」のロゴが印字された、可愛らしデザインのホーロー製ドリップポット。

ホーロー製は、金属の表面に高温でガラス質を焼き付けた素材で、汚れや湿気に強く臭いも付きにくいのが特徴です。

注ぎ口が広いため、湯量のコントロールを自分で調整できます。湯量を変えて、微妙な味の変化を楽しみたい方にもおすすめのドリップポットです。

特別な機能はありませんが、シンプルだからこそ安定して長く使用できるのもポイントです。使用していない時は、キッチンに置いておくだけでインテリアとしても楽しむことができます。

材質 ホーロー製
サイズ 長さ19.8cm × 幅13.4cm × 高さ19.8cm
容量 1L
特徴 ■シンプルでおしゃれなデザイン
■汚れや湿気・臭い移りに強い

 

CB JAPAN(シービージャパン)【ドリップケトル QAHWA】

シービージャパン ドリップケトル 温度計付き カフア

出典:amazon

温度計が付いた珍しいタイプのCB JAPANのドリップポット。

コーヒーを美味しく淹れるには温度も重要で、92℃前後が最適と言われています。92℃を目視で判断することは難しい上に、お湯に料理用の温度計を浸けて待つのも億劫ですよね。

しかし、このドリップポットは蓋の部分に温度計がついているので、湯温を一目で確認することができます。

また、家庭にある「ガス」「IH」「ハロゲン」「ラジエント」「シーズ」「エンクロ」の熱源に対応しているので便利です。

湯量を一定にコントロールしやすい細口タイプで、握りやすく手にフィットするグリップなので、男性・女性問わず人気を集めています。

「ドリップポットと温度計も購入したい」「ベストな湯量でコーヒーを淹れたい」という方におすすめです。

材質 ステンレス鋼
サイズ 長さ14.5cm × 幅32.5cm × 高さ15.0cm
容量 1.2L
特徴 ■過程にある熱源に対応 
■温度計付き
created by Rinker
シービージャパン(CB JAPAN)
¥4,180 (2022/09/26 11:50:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

コーヒーサーバー

HARIO(ハリオ)【V60 コーヒーサーバー VCS-02B】

ハリオ V60 コーヒーサーバー

出典:amazon

見やすい目安の目盛りとカップ杯数の表示がついた、ハリオのV60コーヒーサーバー。

1回で複数杯作れるので、「1日に複数杯コーヒーを飲む方」や「大人数でコーヒーを飲む」という方に便利です。

フタをしたまま電子レンジで使用できるので、コーヒーが冷めてもすぐに温め直しができます。

ハリオのV60シリーズなので、V60ドリッパーがピッタリフィットし、直接ドリップすることが可能です。もちろん、他メーカーのコーヒーグッズと組み合わせて使用することもできます。

450ml・700ml・1,000mlとサイズも豊富なので、1日に飲むコーヒーの量や家族や友人の分に合わせて購入するのもおすすめです、

素材 耐熱ガラス
サイズ 幅14.1cm × 長さ17.3cm × 高さ13.0cm
容量 700ml・450ml・1,000ml
特徴 ■複数杯の抽出に最適
■電子レンジに使用可
created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥722 (2022/09/25 21:00:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

KINTO(キントー)【コーヒーサーバー SCS-S02】

キントー コーヒーサーバー

出典:amazon

300mlと小さめのサイズなので、1~2人分のコーヒーを淹れるのにピッタリのコーヒーサーバー。

丸みのあるコロッとしたデザインは、シンプルながらも可愛くおしゃれと人気を集めています。

ガラス容器に印字されているドットは、コーヒー2杯の分量が一目で確認できます。電子レンジで温め直しも可能です。

食器洗浄機・食器乾燥機に使用できるので、お手入れも簡単です。

「1~2杯分のコンパクトなコーヒーサーバーが欲しい」「おしゃれなデザインを重視したい」という方におすすめです。

素材 ガラス
サイズ 幅10.2cm × 長さ12.2cm × 高さ9.2cm
容量 300ml
特徴 ■少人数の抽出に最適
■丸みのあるおしゃれなデザイン
■食洗機・乾燥機使用可

 

 

便利グッズ

Oneon(オネオン)【デジタルスケール ドリップ用】

Oneon デジタルスケール

出典:amazon

ハンドドリップ初心者には、温度や時間を計測できるデジタルスケールがあると非常に便利です。

中でも、オネオンのデジタルスケールは機能性はもちろん、スタイリッシュでおしゃれなデザインが、インテリアとしても人気を集めています。

時間は最大で99分59秒まで計測でき、抽出と同時に時間を計測してくれます。コーヒー器具を載せた時に、スケールからズレないように滑り止めがついているのもポイントです。

コンパクトなサイズ感なので、収納場所も選びません。「ハンドドリップ初心者でも、時間・豆や粉の量もしっかり測りたい」という方におすすめです。

材質 ABS樹脂
サイズ 幅18.4cm × 長さ12.9cm × 高さ27.5cm
特徴 ■起動が早くスピーディな計量
■滑り止め付き

 

KINTO(キントー)【ブリュワースタンド SCS-S04】

キントー ブリューワースタンドセット

出典:amazon

「ハンドドリップをゆったり味わう」「どのインテリア空間にも馴染む」ように作られた、キントーのSLOW COFFEE STYLEシリーズのコーヒースタンド。

コンセプト通り、シックでスタイリッシュなおしゃれなデザインは、どの家具やお部屋にも合わせやすいと人気を集めています。

色がマットな黒なので、同じ色味で揃えると大人の雰囲気のある、おしゃれなキッチンインテリアとしても楽しめます。

スタンドは可動式なので、1人用のマグカップから複数人分のサーバーなど、様々な容器に対応できるので便利です。

下にスケールが置ける設計のため、スタンドを使用しながら正確に計量することも可能です。

正直、ハンドドリップにコーヒースタンドは必須ではありません。しかし、コーヒースタンドがあると。ドリップ時の抽出量などを確認できるので、ハンドドリップに重宝します。

素材 ステンレス鋼
サイズ 幅15.0cm × 長さ21.8cm × 高さ13.5cm
特徴 ■シックでおしゃれなデザイン
■可動式でどの容器でもコーヒー抽出可能
created by Rinker
KINTO(キントー)
¥13,200 (2022/09/26 11:00:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

Aoyoshi(青芳)【コーヒーメジャー ステンレス】

 青芳 コーヒーメジャー ステンレス

出典:amazon

食洗機や食器乾燥機でも使用できる、丈夫な18-8ステンレスで作られたコーヒーメジャーです。

コーヒー豆を一度に10g(1杯分)掬えるので、コーヒー豆を計量するのにピッタリです。そのため、コーヒースケールやキッチン量りがない方には、非常に便利なコーヒー器具です。

柄の部分は長く、手の大きさ問わずフィットしやすいように設計されているので、使いやすい点も特徴です。

コーヒーキャニスターやコーヒー豆の保存容器に、そのまま収納できる点もポイントです。「ハンドドリップ初心者で、スケール等の計量器がない方」におすすめです。

素材 18-8ステンレス
サイズ 幅4.3cm×長さ12.1cm
特徴 1回で約10g(一杯分)が計量可能

 

 

美味しいドリップコーヒーを入れるコツ

ドリップ中のコーヒー
「ハンドドリップ初心者だから、お店のような美味しいコーヒーを淹れるのは無理」と思っていませんか?

実はちょっとしたひと手間で、ハンドドリップ初心者でも美味しいコーヒーを淹れることが可能です。ここでは、ドリップコーヒーを淹れる時のポイントを5つ紹介します。

 

コーヒー豆は飲む直前に挽く

コーヒー豆は、買ってすぐに全て粉状にしておくと、ドリップの際に便利なように思えます。

しかし、コーヒー豆を挽いてしまうと湿気を吸いやすく、更に空気に触れるため酸化しやすい状態となり、香りや旨みが落ちてしまいます。

まずは、買った直後はコーヒー豆のまま冷暗所で保存し、飲む直前に挽くようにしましょう。コーヒー本来の香りや旨みを味わうことができます。

また、コーヒー豆を挽く際は均一な大きさで挽くことが大事です。お湯が均一に行き届き、味にムラがない美味しいコーヒーを抽出できます。

 

コーヒー粉の量をしっかり量る

コーヒー豆とコーヒーメジャーコーヒーは、粉の分量が1g違うだけでも味や香りが微妙に変わってきます。

一般的なコーヒーカップは一杯120mlのものが平均で、それに必要なコーヒー粉の量は10gです。一杯のコーヒーを抽出するには、コーヒー粉が10gが必要と覚えておきましょう。

また、コーヒー粉は一杯10gが量れるコーヒーメジャーがあると便利です。しかし、コーヒーメジャーだと1gや2g程度の誤差が生じることもあるので、気になる方はスケール(計量器)を使って、正確に量ると良いです。

 

抽出時は90℃前後のお湯を使う

ハンドドリップコーヒーを美味しく淹れるには、お湯の温度も重要です。コーヒーの抽出に最適な温度は92℃前後と言われています。

温度を無視して、グラグラに沸騰したお湯でコーヒーを抽出してしまうと、苦味や雑味の多い舌触りの悪いコーヒーになってしまいます。

コーヒーを淹れる時は、お湯を沸騰させたあと温度計を使って、92℃になってからドリップを始めるようにしましょう。

「92℃までお湯を冷ますのが手間」「温度計がない」方は、やかんや電気ケトルでお湯を沸騰させたお湯をドリップポットに移しかえてみましょう。

移し替えることで、お湯の温度が下がるのですが、この時のお湯の温度がだいたい92℃前後になるため手っ取り早いです。
※季節や湿度によって多少の誤差はあります

 

コーヒー粉はしっかりと蒸らす

お湯を本格的に注ぐ前に、コーヒー粉を蒸らすことは美味しいコーヒーを淹れるためには大事な工程です。

まずは、真ん中から小さい円を描くようにお湯を注いでコーヒー粉に浸透させます。お湯の量は、数滴のコーヒーがサーバー内に落ちたら止めて大丈夫です。

コーヒーが数滴落ちた段階で、コーヒー粉が徐々に膨らんでくるので、そこから20秒前後待てば蒸らしは完了です。

この蒸らしの工程が必要な理由は、コーヒーに含まれている炭酸ガスを抜くためです。

コーヒー豆は焙煎されると炭酸ガスを含む性質があります。粉状にしても炭酸ガスは残ったままなので、お湯で蒸らして炭酸ガスを外に放出します。

炭酸ガスを放出すると、コーヒー粉の表面積が大きくなり、旨みや香りを引き出す成分が抽出されやすくなります。コーヒーの味を重視したい方には、重要な工程と言えます。

 

お湯を注ぐスピードは一定に保つ

コーヒーを淹れる時に、お湯を注ぐスピードを一定に保つことも、美味しいコーヒーを淹れるポイントです。

「の」の字を描きながら一定のスピードでお湯を注ぐことで、コーヒー本来の香りや旨みを引き出して、安定した味のコーヒーが抽出できます。

お湯を注ぐスピードや動きにブレが生じると、雑味が多いコーヒーが抽出されてしまうので注意が必要です。

 

 

美味しいドリップコーヒーを入れるコツ

コーヒーを注ぐ写真
今回はハンドドリップ初心者に、必要な器具やおすすめのコーヒーグッズ15個をご紹介しました。

「コーヒーミル」「ドリッパー」「ペーパーフィルター」「ドリップポット」「コーヒーサーバー」があれば、自宅でドリップコーヒーを楽しむことが可能です。

最近は、インテリアとしても楽しめるおしゃれなコーヒーグッズ・器具も多数販売されています。機能性だけでなく、好みのデザインの器具を選ぶと、より愛着が湧いてきます。

また、ハンドドリップ初心者でも「豆は直前に挽く」「分量をしっかり量る」「お湯の温度は92℃前後」「しっかりと蒸らす」「お湯を注ぐスピードを保つ」のポイントを抑えれば、お店のような美味しいコーヒーを淹れることもできます。

是非、ハンドドリップに必要なコーヒー器具を購入して、自宅でドリップコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. コーヒーサーバー

    家庭用コーヒーサーバーおすすめ15選!保温性の高いステンレスやおしゃれな陶器も

  2. 缶コーヒーを飲む

    自動販売機で買える美味しい缶コーヒーランキング!おすすめ商品を紹介

  3. コーヒーとスイーツ

    コーヒーと相性抜群のスイーツ10選!選び方や合わないお菓子も

  4. icecoffee

    《バリスタ監修》水出しコーヒーの正しい作り方&美味しく入れるコツ

  5. 山頂で飲むコーヒー

    登山で至福のコーヒータイムを!おすすめ器具や美味しい入れ方も

  6. ウインナーコーヒーの名前の由来とは?美味しい飲み方やアレンジ・簡単レシピも

  7. コーヒー用の電気ケトル

    ドリップコーヒーに適した電気ケトルおすすめ10選!温度設定機能付きなど

  8. 【アウトドア好きに選ばれている】おすすめのコーヒーミル5選!選び方も解説

  9. コーヒー保存用ポット

    コーヒーの保存におすすめのポット6選!コスパ良い保存ポットを厳選

PAGE TOP