注目の記事 PICK UP!

豆乳コーヒーに期待できる効果とは?作り方や分離させないコツも

  • コーヒー単体よりも飲みやすい
  • 豆乳を入れると身体に良い印象がある

コーヒー単体が苦手な方や、ヘルシー志向の方に人気の豆乳コーヒー。

豆乳で作られているため、乳製品のアレルギーがある方も飲むことができます。
また、大豆の栄養素も摂取できることから様々な美容・健康効果も期待できることで密かに注目されています。

そのため、豆乳コーヒーを飲んでみたいと思い、この記事に辿りついた方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな方のために、豆乳コーヒーの基礎知識を始め、飲むと期待できる効果作り方や分離させないコツを紹介していきます。

この記事を読むことで、豆乳コーヒーを効果や知識を理解できるだけでなく、美味しく飲む方法を知ることができます。
豆乳コーヒーが気になっている方、美味しく飲む方法を探している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

豆乳コーヒーの基礎知識


まずは豆乳コーヒーとは?を始め、1杯のカロリー、1日の摂取量といった基礎知識を解説していきます。

豆乳コーヒーとは?

豆乳コーヒーは文字通り、豆乳とコーヒーを混ぜ合わせた飲み物です。
ソイラテと呼ばれることもありますが、カフェや喫茶店ではエスプレッソが使われていることも多いです。

豆乳コーヒーの特徴は、コーヒーに含まれる「ポリフェノール」や大豆の「大豆イソフラボン」「たんぱく質」「オリゴ糖」など、健康や美容効果ができる成分が多く含まれていることです。

また、豆乳のまろやかな口当たりがコーヒーの苦味を軽減させて、乳製品アレルギーの方も安心してコーヒーを飲みやすくできるといったメリットも多い飲み物です。

 

豆乳コーヒー1杯のカロリー

豆乳コーヒーを200ml作った場合のカロリーは“約60kcal”です。

内訳は下記の通りです。

  • 無調整豆乳100ml:56.5kcal
  • コーヒー100ml:4kcal

参照元:「キッコーマン おいしい無調整豆乳」より
参照元:「UCC コーヒーのカロリーはゼロ!?」より

調整豆乳と牛乳は100mlのカロリーが64kcalとなるため、無調整豆乳の方が8kcal低いことがわかります。

また、豆乳は調整豆乳と無調整豆乳がありますが、無調整豆乳は甘味料が入っていないため、豆乳コーヒーを作る場合は無調整豆乳を選ぶと余分なカロリーを摂取せずにすみます。

 

1日の適量

豆乳コーヒーの1日の摂取量は1~3杯が適切です。

これはコーヒーの摂取量は厚生労働省に、豆乳は日本豆乳協会が公表しています

・健康な成人は最大400 mg/日(コーヒーをマグカップ(237 ml入り)で約3杯)までとする。
・カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は最大300 mg/日(マグカップで約2杯)までとする。

引用元:「厚生労働省 カフェインの過剰摂取についてQ&A」より

豆乳は飲用に際し、一般的な推奨は一日当り200mlを1~3本程度ですが、特に制限はありません。ただ、通常の飲料と同様に他の食事とのバランスを考え飲用されることをおすすめします。以前、大豆に含まれるイソフラボンの摂取量について報道がなされたことがありましたが、サプリメントなど特殊な食品が対象で、従来の大豆食品の摂取は問題ないとされています。また、発がんに関しては、逆に大豆の摂取は乳がんのリスクを低減させるという報告もされています。

引用元:「日本豆乳協会 豆乳について」より

まとめると豆乳は200mlを1~3本が推奨とされていますが、コーヒーにはカフェインが含まれているので、適量が3杯以下となっています。
豆乳コーヒーを飲み過ぎるとカフェインの過剰摂取にもつながるため、4杯以上飲むのは控えましょう。

 

 

豆乳コーヒーを飲むと期待できる効果


豆乳コーヒーの効果を解説していきます。

集中力アップ効果が見込める

これはコーヒーに含まれる“カフェイン”の効果によるものです。

カフェインは過剰摂取すると危険ですが、適量を飲むことで覚醒作用により集中力アップの効果があります。
そのため、仕事や勉強に集中したい時に豆乳コーヒーを飲むと効率アップにつながります。

ホルモンバランスを補う役割がある

豆乳で最も有名なポリフェノールの一種が“大豆イソフラボン”
大豆イソフラボンは、女性ホルモンの”エストロゲン”と分子構造は似ているため、エストロゲンの受容体と結合して、月経周期の調節など女性特有の機能を補う役割があります。

豆乳コーヒーは、大豆イソフラボンを摂取できるので、女性にとって嬉しい効果が期待できる飲み物といえるでしょう。

美肌効果が期待できる

これは豆乳=大豆に含まれる“サポニン”“ビタミンE”の抗酸化作用によるものです。
抗酸化作用によって肌トラブルを抑え、アンチエイジング効果が期待できます。

健康を維持につながる

豆乳には“たんぱく質”が多く含まれています。

たんぱく質は髪や肌、筋肉、血液や免疫物質など、人間が生きることに欠かせない栄養素です。
しかし、普段の食事からじゅうぶんな量を摂取することは難しいため、豆乳コーヒーを1日1回飲むことで、健康維持に必要なたんぱく質を摂ることができます。

 

 

豆乳コーヒーの美味しい作り方


豆乳コーヒーはカフェで飲む印象が強いですが、実は自宅でも簡単に作ることができます。
ここでは、豆乳コーヒーの基本の作り方を始め、アレンジレシピやアイス豆乳コーヒーの作り方も解説していきます。

基本の淹れ方

豆乳コーヒーを200ml作る場合のレシピを紹介します。

【各分量】

  • 豆乳 100ml
  • コーヒー 100ml

ホットの場合は、予め温めてから混ぜても良いですし、混ぜてから温めるも◎

ポイントは1:1の割合で淹れることです。
1:1であれば、どちらかの味が主張することもありません
また、サッパリ飲むならコーヒーを多くする、コクのある豆乳を多めにしたいと思った時にも調整が効きやすくなります。

 

アイス豆乳コーヒー

アイスの場合も200ml作る場合のレシピです。

【各分量】

  • 豆乳 100ml
  • コーヒー 100ml
  • 氷 適量

アイスの場合も、味が主張しない・後で調整しやすいため1:1の分量がおすすめです。
ホットのコーヒーで淹れる場合は、氷を多い目に用意すると良いでしょう。

インスタントコーヒーやボトルコーヒーで作るのも手軽を重視するならぴったりですが、水出しコーヒーで作るとコーヒー特有の雑味もなくよりスッキリとした味わいになります。

 

トッピングでアレンジ

  • 何度淹れても豆乳コーヒーがまずいと感じる
  • 豆乳独特の風味が苦手…

という場合は、トッピングで飲みやすくアレンジしてみると良いでしょう。

おすすめは下記トッピングです。

  • きな粉
  • シナモン
  • はちみつ
  • キャラメルソース
  • チョコレートソース
  • 黒糖

ダイエット中の方は、キャラメルソースやチョコソースはかけすぎないように注意しましょう。
また、黒糖は白砂糖と比べるとミネラル・ビタミンが豊富でGI値も含めなので、ダイエット中でも甘みを加えるトッピングとしてぴったりです。

 

 

無調整?調整?豆乳コーヒーにはどっちを使えばいい?


豆乳コーヒーを一口にいっても、豆乳には無調整と調整があり、どちらを使うか悩むところだと思います。
使い分けは目的別にわけると良いでしょう。どんな時にどっちを使えばよいか、具体的に解説していきます。

調整豆乳は甘めな豆乳コーヒーを作る時に

「最初だから甘めの豆乳コーヒーからならしていきたい」という場合は調整豆乳がおすすめです。

調整豆乳はその名の通り、砂糖や塩などを加えて調整されているので、ほどよい甘みを感じられます。
また、香料により大豆特有のにおいや臭みも抑えられているので、大豆の独特なにおいが苦手な方にもおすすめです。

その分、無調整豆乳に比べるとカロリーが高いので、ダイエット中の方にはあまり向かない場合もあります。

 

無調整豆乳はダイエット中の方に

無調整豆乳は、大豆を水に浸してすりつぶし煮詰めて作られているため、大豆の素材そのままの飲料です。
そのため、大豆独特の風味と味を感じるため、好き嫌いがはっきりとわかれます。

しかし、そのぶん甘みや香料といった添加物を加えていないため、カロリーが低く豆乳本来の栄養素を摂取できるので、ダイエット中の方におすすめです。
また、大豆イソフラボンも加工を加えていない分無調整豆乳の方が多く含まれているので、美容を意識している方にも良いといえるでしょう。

 

 

豆乳コーヒーを分離させないコツ


豆乳コーヒーを入れる時にある失敗に分離があります。味は大きく変わりませんが、見た目的にも美味しく作るために分離は気になるところ。
ここでは、分離してしまう原因と分離させないためのコツを解説していきます。

豆乳とコーヒーが分離する理由

豆乳とコーヒーの分離は「熱」が理由です。

豆乳にはたんぱく質が多く含まれていて、たんぱく質は熱を加えると固まるという性質があるためです。

ホットの豆乳コーヒーは、熱いコーヒーや豆乳を使うためまさに分離する典型です。
また、調整豆乳よりも無調整豆乳の方がたんぱく質をより多く含むので、分離しやすくなります。では、どうすれば分離させずに作ることができるのか、次で解説していきます。

 

豆乳とコーヒーを分離させないコツ

分離させないコツは下記2点です。

  • 豆乳やコーヒーを熱くしすぎないこと(おすすめは70℃前後)
  • 豆乳の膜を取り除いてからコーヒーを注ぐ

分離の原因は「熱」なので、豆乳やコーヒーの温度を下げると良いでしょう。

同じ温度まで冷ますと混ざりやすくなります。
また、豆乳よりもコーヒーの方が比重が軽いため、コーヒーに豆乳を入れるのではなく、豆乳にコーヒーを入れる作り方がおすすめです。

コーヒーに豆乳を入れると、豆乳の方が重いので沈んでしまい分離する原因となります。
そのため、温めた豆乳に少し冷ましたらコーヒーを入れると分離せずに綺麗に混ざり合います。

 

豆乳コーヒーでヘルシーなコーヒーライフを始めよう


いかがでしたか?
今回は豆乳コーヒーの基礎知識、効果、作り方、分離させないコツを解説しました。

豆乳コーヒーは豆乳の栄養素で、ダイエットや美容・健康といった効果が期待できます。
しかし、コーヒーにカフェインが含まれているので、1日の摂取量は3杯以下が良いでしょう。

ぜひこの記事を参考に、豆乳コーヒーを日常に取り入れて楽しみを増やすきっかけになると幸いです。

関連記事

  1. コニカル式とコーン式の違いを解説!基礎知識やおすすめのミルも

  2. 《初心者必見》美味しいコーヒーの淹れ方を種類ごとに解説!基本も網羅

  3. 水出しコーヒーパックおすすめ5選!使い方や自作する方法も

  4. 業務用の水出しコーヒー器具

    業務用の水出しコーヒー器具おすすめ5選!美味しく入れるコツも

  5. アーモンドミルクコーヒーとは?飲むと見込める効果や作り方も解説

  6. セラミック製のコーヒーミルを徹底解説!金属との比較やおすすめもご紹介!

  7. コーヒー保存用の缶おすすめ7選!おしゃれなデザインのもの多数

  8. ケトルとコーヒー

    コーヒー用ケトルおすすめ10選!電気タイプやおしゃれな銅製も

  9. コーヒーグッズをおしゃれに収納

    コーヒーグッズをおしゃれに収納するコツ!実例やおすすめアイテムも

PAGE TOP