注目の記事 PICK UP!

【アウトドア好きに選ばれている】おすすめのコーヒーミル5選!選び方も解説

アウトドアの人気が高まり「キャンプや山登りなど、アウトドアで淹れたてのコーヒーを楽しみたい」と考えている方も多いのではないでしょうか?

大自然の中で飲むコーヒーは、自宅やカフェで飲むのとはまた違った特別感がありますよね。

自然の中でインスタントコーヒーを楽しむのも良いですが、せっかくなら自分で豆から挽いて淹れたてのコーヒーを楽しみたいと思っている方も多いはず。

今回はそんな方のために「アウトドア用のコーヒーミルの選び方」を始め、「アウトドア好きが選ぶコーヒーミル」を手動式・電動式にわけて厳選した5つ紹介します。

 

 

アウトドア用のコーヒーミルの選び方


コーヒーミルといっても、最近は様々な種類が販売されていて、どれがアウトドア用に最適なのかいまいちわからないというのが本音だと思います。

ここでは、アウトドア用のコーヒーミルを選ぶ際に注目すべきポイントを4つご紹介していきます。

 

手動式or電動式かで選ぶ

コーヒーミルは「手動式」「電動式」の2タイプにわかれます。
それぞれに特長があるため、自分がアウトドアでコーヒーを飲む際に重視する部分で選ぶようにしましょう。

手動式

その名の通り、コーヒー豆をセットしてハンドルを回しコーヒーを挽いていくタイプ。

自分でコーヒー豆を挽くので「大自然の中でコーヒーを挽く工程も楽しみたい」「アウトドアでコーヒーの香りも楽しみたい」という方に最適です。

また、手動式のほとんどは1~2人分の容量のため、キャンプや山登りに少人数でいくという方にピッタリです。しかし、手動で挽くため挽きムラが生じ、味がバラつくデメリットもあります。

 

電動式

コーヒー豆をセットし、ボタンを押すだけでコーヒー豆が挽けるタイプ。ワンタッチで手軽に挽けるだけでなく、豆を均一に挽けるので初心者でも使いやすいです。

また、一度に多くのコーヒー豆を挽くことができます。そのため「複数人でキャンプや山登りにいく」「手軽にサッとコーヒー豆を挽きたい」という方におすすめです。

しかし、電動式は挽く時に機械音が大きいため、音が気になる方は不向きで、使う時には周りの方への配慮も必要になってきます。

 

挽き目調整が可能かで選ぶ

「アウトドアで自分好みのコーヒーを楽しみたい」という方には、挽き目調整がついたコーヒーミルは必須です。

最近はほとんどのコーヒーミルに挽き目調整がついていますが、調整できる段階がメーカーによって多かったり少なかったりするので、購入時に確認しましょう。

挽き目調整の段階が多いと「自分好みの味にコーヒーの挽き目を調整できる」「コーヒーだけでなくエスプレッソも淹れること」が可能になり幅が広がります。

 

軽量・コンパクトかで選ぶ

キャンプや山登りなどのアウトドアは荷物も多いため、軽量・コンパクトなコーヒーミルが必須となってきます。

軽量・コンパクトなコーヒーミルを重視する方は「手動式」のコーヒーミルを選ぶと良いでしょう。

というのも、手動式は電源が必要ないので元々がコンパクトに設計されています。また、アウトドア用にハンドル部分が分解・折りたためるコーヒーミルが多いため、リュック等に入れても嵩張る心配がないためです。

逆に電動式はメーカーによっては電源や電池が必須となり、モーターが内蔵されているので重くなりがちです。

多少、荷物が重くなっても良いから、手軽にコーヒー豆が挽ける電動式のコーヒーミルが良いという方は電動式を選ぶと良いでしょう。

 

お手入れのしやすさで選ぶ

アウトドア用にかかわらず、コーヒーミルはお手入れが重要です。お手入れを怠ると残っていたコーヒー粉が酸化し、次に使った時に味に影響が出てしまいます。

購入する際は、分解しやすく隅々まで掃除ができるかをしっかりと確認しましょう。

特に山登りなどアウトドアによっては、すぐに掃除できない場合もあるため、帰った後にすぐ掃除できるお手入れのしやすさは重要になってきます。

分解しやすく水洗いができるコーヒーミルが望ましいですが、水洗いができないタイプのコーヒーミルは、専用の掃除ブラシが販売されているので事前に購入しておきましょう。

 

アウトドア好きに選ばれているコーヒーミル5選


アウトドア好きに選ばれているコーヒーミルを手動式で3つ、電動式で2つ、計5つに厳選してご紹介します。

手動式

手動式でアウトドア好きに選ばれているコーヒーミルを3つご紹介します。
アウトドアに最適な下記条件を満たしているのもポイントです。

  • ハンドルが折りたためる軽量でコンパクトなタイプ
  • 操作しやすい挽き目調整機能

キャプテンスタッグ【18-8ステンレス ハンディー コーヒーミル UW-3501】

キャンプ用品やレジャー用品などで有名なアウトドア総合ブランド、キャプテンスタッグのコーヒーミル【UW-3501】

アウトドア好きの方からも多くの評判を集め続けているコーヒーミルです。

アウトドアにピッタリの特長が多いのがポイントです。

  • 素材が18-8ステンレスのため、丈夫で錆びにくく長く愛用できる
  • セラミック刃で金属臭がなく、水洗いできるので手入れも簡単
  • シンプルで操作しやすい挽き目調整機能
  • ハンドルを外して収納でき持ち運びしやすい

コスパも非常によく、シンプルでスタイリッシュなデザインも高評判の理由です。
「どのコーヒーミルにするか迷っている」「コスパを重視したい」という方におすすめです。

サイズ 幅4.6cm×高さ13.5cm
重量 219g
豆容量 17g(約1~2人分)※1人10g換算
挽き目調整機能
水洗い

 

 

ポーレックス【コーヒーミル2ミニ】

セラミック製品で信頼がある日本製のポーレックスの【コーヒーミル2ミニ】

アウトドア用品に特化したメーカーではありませんが、アウトドア好きの多くの方に支持されています。
その理由はコーヒーミル2ミニの特長にあります。

  • ハンドルをコンパクトに収納できるホルダー付き
  • 粗刃の数が多く初心者でも安定して粒度で楽にコーヒーが挽ける
  • 分解する部品も少なく大きいためお手入れがしやすい
  • セラミック刃のためにおい移りの心配も不要
  • 微細な挽き目調整が可能

アウトドア用にも使える機能性が揃っている点もポイントですが、日本製という安心感もあります。また、手動式が初心者でも安定した粒度でコーヒー豆が挽けるのは心強いです。

「手動式のコーヒーミルを初めて使う」「味にこだわりたい」という方におすすめです。

サイズ 幅5.0cm×高さ13.5cm
重量 250g
豆容量 約20g(約2人分)※1人10g換算
挽き目調整機能
水洗い
created by Rinker
ポーレックス(Porlex)
¥6,930 (2022/09/26 12:40:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

スノーピーク【フィールドバリスタミル CS-116】

アウトドア総合ブランドですが、中でもオートキャンプ製品にチカラを入れているスノーピークのコーヒーミル【CS-116】
そのため、オートキャンプ製品をスノーピークで揃えたいという方から特に人気を集めています。

見た目はシンプルですが、アウトドアの使用にはピッタリの特長があります。

  • ハンドルとフタが一体型でコンパクト収納が可能
  • 収納袋付属で本体へのキズも防止
  • 簡単操作の挽き目調整機能

ハンドルとフタが一体型になっているのは、スノーピークのコーヒーミルだけ。
また、ハンドルの持ち手が木目調というさりげないデザインもポイントです。

「アウトドアをスノーピークで揃えたい」「シンプルな機能性を重視したい」という方におすすめです。

サイズ 幅4.8cm×高さ16.0cm
重量 240g
豆容量 約20g(約2人分)※1人10g換算
挽き目調整機能
水洗い
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥8,800 (2022/09/26 12:40:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

電動式

“電動式でアウトドア好きに選ばれているコーヒーミルを2つご紹介します。
アウトドアに最適な下記条件を満たしているのもポイントです。

  • 電源不要(充電or電池稼働のもの) 
  • 電動式では比較的持ち運びやすいもの

オーシャンリッチ【自動コーヒーミル G1 UQ-ORG1BL】

電動式コーヒーメーカーとして有名なメーカーオーシャンリッチの電動コーヒーミル【UQ-ORG1BL】

電動式では珍しく、軽量・コンパクト設計で持ち運びできる点が、アウトドアでコーヒーを楽しみたい方から人気を得ています。
その大きさは500mlのペットボトルと同程度です。

他にもアウトドアに最適な特長が豊富です。

  • コードレスタイプの充電式(USB充電可能)
  • モーターの回転数を落として豆を挽くので静音性が高い
  • 豆を潰して挽くコニカル式のため粒度のバラつきが少ない
  • コーヒーの挽き目を5段階から選択可能
  • ガラス容器はそのままコーヒー粉保存容器にも使用可

フルに充電しておくことで約20回分コーヒー豆を挽くことができるので、アウトドアにもピッタリです。

「キャンプや山登りにもピッタリな電動式コーヒーミルがほしい」「電動式でどれにすればいいか迷っている」という方におすすめです。

サイズ 幅8.5cm×高さ17.5cm
重量 485g
豆容量 約20g(約2人分)
※1人10g換算
※ガラス容器は約40g保存可
挽き目調整機能
水洗い
(上フタ・ホッパー内・ガラス容器のみ)
created by Rinker
オーシャンリッチ(Oceanrich)
¥13,660 (2022/09/26 06:10:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

京セラ【セラミックコーヒー CMD-70】

ファインセラミックや電子部品などで有名なメーカー、京セラが製造・販売する電動式コーヒーミル【CMD-70】

アルカリ単3形乾電池4本で稼働します。そのため、キャンプやアウトドアなどの電源がない場所でも使用できるので、アウトドア好きの方に選ばれているコーヒーミルです。

特長もアウトドアで使用するにも申し分ありません。

  • アルカリ単3形乾電池4本で使用可
  • 粗さ調節ツマミを左右に回すだけの無段階調節
  • セラミック刃のためコーヒーの風味、味を損なわない
  • 豆が挽き終わると自動で止まるオートストップ機能付

無段階調整は左に回していくと粗くなっていき、右に回していくと細かくなっていく調整機能です。
簡単に調整できるので、初心者でも小難しい操作が不要で使用できます。

「アウトドアで使いたいから電池式の電動式コーヒーミルがほしい」という方におすすめです。

サイズ 幅7.6cm×高さ24.1cm
重量 340g
豆容量
挽き目調整機能
水洗い (セラミック刃のみ)

 

 

アウトドア用のコーヒーミルで大自然でもコーヒーを味わおう


今回は、アウトドアシーンでも挽きたて・淹れたてのコーヒーを味わいたいという方に向けて、アウトドア用のコーヒーミルをご紹介しました。

アウトドアは荷物も多くなるので、コーヒーミルを選ぶ際は「軽量・コンパクト設計」「お手入れのしやすさ」を重視して選ぶと良いでしょう。また、コーヒーの味にもこだわりたい方は「挽き目調整ができる」タイプを。

■大自然の中でコーヒーを作る工程も楽しみたい方は「手動式」
■手早く簡単にコーヒー豆を挽く場合は「電動式」
というように、自分が何を重視するかで選ぶと失敗する心配がありません。

アウトドアで手作りのコーヒーを楽しみたい方は、まずはアウトドア好きに選ばれているコーヒーミルを買ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 美味しいコーヒーフロートの作り方|人気のアレンジレシピも

  2. コーヒーが飲みたくなる理由とは?飲めないときの対処法も

  3. ガラスローテーブルがあるおしゃれな部屋

    ガラスのコーヒーテーブルおすすめ10選!おしゃれな円形や白・黒など

  4. 酸化防止の水筒のコップにコーヒーを注いだ画像

    水筒に入れるコーヒーの酸化を防止するには?対策&おすすめ商品を紹介

  5. 水出しコーヒーパックおすすめ5選!使い方や自作する方法も

  6. アンティーク調のコーヒーミル5選!インテリアとしても人気のミルを紹介

  7. デカフェ

    デカフェコーヒーの魅力とデメリット!カフェインレスとの違いも

  8. コーヒーとお菓子

    コーヒーに合う人気お菓子12選!コンビニで買えるもの〜お取り寄せまで

  9. 《家庭用に最適》エスプレッソが挽けるおすすめのコーヒーミル5選!

PAGE TOP