注目の記事 PICK UP!

【2023年最新】おすすめのスティックコーヒー10選!選び方から評判のブランドも!

お湯や水に溶かすだけで、手軽にコーヒーが楽しめるスティックコーヒー。

自宅や会社で一息つくデスクアイテムとしてぴったりですよね。しかし、最近は味の種類も増えているため、このように考えている方も多いのではないでしょうか?

  • おすすめのスティックコーヒーが知りたい
  • 他のスティックコーヒーを使いたいけど、どこを見て選べばいいの?

そんな方のため、今回この記事ではおすすめのスティックコーヒーを10商品紹介していきます。

気分をかえるために、いつもとは違うスティックコーヒーを試したいという方に選び方評判のブランドについても紹介していますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

 

 

スティックコーヒーの魅力


コーヒーの粉末がスティック状に包装されているスティックコーヒー。その形状ならではの魅力は下記の3つです。

  • お湯や水を注ぐだけと「誰でも簡単に作れる」
  • 自宅だけでなく、会社やアウトドアへの「持ち運びできて便利」
  • 個包装で「新鮮なコーヒーが楽しめる」
  • 1杯あたり100円前後と「コスパが良い」

好きな時に好きな場所で、美味しいコーヒーやラテが楽しめることがスティックコーヒーの魅力です。

毎日カフェでコーヒー等を購入するよりも安くすむため、お財布にも優しいです。

しかし、高級なコーヒー豆を使用しているスティックコーヒーは1杯あたりの価格が高いこともあるため、コスパ重視の方は1杯の価格を注視すると良いでしょう。

 

 

スティックコーヒーの選び方


スティックコーヒーを選ぶ際にチェックすべきポイントを5つ紹介します。

好みの味で選ぶ

コーヒーの味の主な評価基準は下記5つです。

  • 香り
  • 酸味
  • コク
  • 苦味
  • 甘み

この味の評価基準はメーカーにもよりますが、スティックコーヒーのパッケージに印字されているのでチェックしてみましょう。

例としてあげると、フルーティな酸味を味わいたい方は「酸味」が強いものを、重厚かつ濃厚なコーヒーを楽しみたい方は「苦味」や「コク」が強いものを選んでいくイメージです。

味に注目すると、自分好みのスティックコーヒーが見つけやすくなります。

 

甘みの種類で選ぶ

スティックコーヒーを選ぶときは「無糖」「加糖・ミルク入り」といった甘みの種類にも注目してみましょう。
ここでは甘みの種類の各特徴について解説していきます。

無糖

砂糖やミルクがまったく入っていないスティックコーヒーが無糖です。

パッケージには「無糖」「ブラック」といった表記が印字されていて、コーヒー本来の苦味や香りが楽しめる点が特徴です。

そのため「朝の目覚めや仕事への切り替えにコーヒーを飲む」「甘みが苦手でいつもブラックで飲む」という方におすすめです。

いつも自分が好みのミルクや砂糖を加えてコーヒーを飲むという方も、甘みがついていない無糖はぴったりといえます。

 

加糖・ミルク入り

無糖とは逆に、砂糖やミルクを含んだスティックコーヒーが加糖・ミルク入りです。

パッケージには「加糖」「微糖」「ミルク」が印字されています。程よい甘さがついたコーヒーや、ミルクタイプのカフェラテに含まれていることが多いです。

甘みの強さによってはデザート感覚でコーヒーやラテを飲むことができ、まろやかな味わいを楽しめるのが特徴です。
「甘みがついたコーヒーが好き」「リフレッシュするために甘いラテ系が飲みたい」という方におすすめです。

 

中身の種類数で選ぶ

スティックコーヒーは、1種類のみが入ったタイプと複数の種類が入ったアソートタイプがあります。それぞれどんな方におすすめかを解説していきます。

1種類タイプ

その名の通り1種類のコーヒーやラテがたくさん入ったタイプです。
そのため、自分が気に入った1種類が見つかっていて、毎日同じ味を楽しみたいという方におすすめです。

比較的安価で、少量パックから大容量パックまで幅広く販売されているので、ライフスタイルにあわせて容量を選ぶことができます。

 

アソートタイプ

アソートタイプは1種類ではなく、そのメーカーで人気のフレーバーが複数詰め合わせになったタイプです。
そのため「好きなスティックコーヒーが見つかっていない」「その日の気分に合わせて味を選びたい」という方におすすめです。

最近では

  • 産地や焙煎度合が異なるコーヒーのアソートタイプ
  • カフェラテ、抹茶ラテなどラテ系がつまったアソートタイプ

などといった様々なアソートタイプが販売されているので、好きなメーカーや気になるものから試してみると良いでしょう。

 

アイスが作れるかで選ぶ

暖かい時期はアイスのコーヒーやカフェラテを飲むという方は、水や牛乳を使って作れるかもチェックしましょう。

冷たい水や牛乳で溶けるタイプは粉が溶け切らずにグラス底に沈殿したり、お湯を少量入れて冷ますという手間を省くことができます。

オフィスやアウトドアでアイスのスティックコーヒーを飲む方は、特に注目すると良いでしょう。

 

カフェインレスで選ぶ

  • 就寝前にコーヒーやラテを飲む
  • 妊婦さん、授乳中の方
  • カフェインの摂取量を気にしている

という方はカフェインレスのスティックコーヒーを選びましょう。
最近はカフェインレスのスティックコーヒーも徐々に種類が増えてきており、味も本格的に近いです。

「コーヒーは飲みたいけどカフェインの量が気になる」という方は、カフェインレスに絞って探してみると良いでしょう。

ちなみにカフェインレスは90%以上のカフェインを除去しているだけで、カフェインがまったく含まれていないわけではありません。
飲む量に注意しましょう。

 

 

スティックコーヒーで美味しいと評判のブランド


スティックコーヒーは様々なメーカーから販売されているため、どれを選べばよいか迷いますよね。

ここでは美味しいと評判のメーカーのブランドについて解説していきます。
味に迷ったときは、このブランドを抑えておけば大丈夫です。

AGF(エージーエフ)

TVCMでも有名な「ブレンディ」や「マキシム」を販売しているAGF(エージーエフ)。
最近では「ちょっと贅沢な珈琲店」という高級シリーズも人気を集めています。

特長は、本格的なコーヒーにも引けを取らないスティックコーヒーの香りの高さです。

これはGAF独自の焙煎技術である「T2ACMI(たくみ)焙煎」で、繊細に火加減のコントロールを行っているためです。
日本人の好みに合うように苦味や酸味を抑えて香りを最大化した製品設計を確立していますす。

本格的なコーヒーを楽しむなら、AGFがおすすめと言えるでしょう。

 

ネスカフェ

ネスカフェはスティックコーヒーだけでなく、カプセル式のコーヒーマシンやインスタントコーヒーでも高い知名度を誇るネスレ日本が製造・販売しているブランドです。

特長はラインナップが豊富な点です。
スティックタイプはコーヒーだけでなく、カフェラテや抹茶ラテなど20種類以上のフレーバーが販売されています。

特にラテ系はスチームしたような泡のきめ細かさや、まろやかな口当たりも人気のポイントです。

コーヒーだけでなく、カフェラテなどの甘い系も色々楽しみたい方にピッタリのブランドです。

 

INIC(イニック)

INIC(イニック)ロゴ

出典:「INIC公式サイト

おしゃれで可愛らしいパッケージが特徴的なINIC(イニック)。

自宅用にはもちろん、コーヒー好きの方へのギフトとしても人気を集めています。

INICは通常のスティックコーヒーはもちろん、「カフェオレ専用」「99.85%カフェイン除去」「オーガニックコーヒー豆100%」といった、他にはない種類のスティックコーヒーを販売していることが特徴です。

そのため、純粋にコーヒーを楽しみたいと考えているだけでなく、健康を重視している方にぴったりと言えるでしょう。

4種類の異なるフレーバーがセットになっているスティックコーヒーも販売されているため、飲み比べて好みを確かめたい方にもおすすめのブランドです。

 

 

【2023年最新】おすすめのスティックコーヒー10選


2023年4月現在、美味しいと評判のおすすめのスティックコーヒー10個を紹介していきます。

1種類タイプ

まずは1種類のみ入ったスティックコーヒーを6商品紹介していきます。

AGF【ブレンディ スティックコーヒー】

AGF ブレンディ スティック 100本

出典:amazon

スティックコーヒーでも定番のブレンディのコーヒースティック。深いコクと程よい苦味を感じられるスッキリとした味わいです。

  • 冷たい水や牛乳でも溶けやすい粉末
  • 砂糖やミルクとの相性も抜群

ブラックコーヒーとしてはもちろん、アイスや甘めのコーヒーを作ることもできるため、これ1つで味のバリエーションを広げることも可能です。

「どのスティックコーヒーにするか迷っている」という方におすすめです。

 

 

AGF【マキシムスティック】

AGF マキシム スティック 100本

出典:amazon

ベトナム産やコロンビア産で厳選されたコーヒー豆を使用してつくられた「マキシム」
マイルドなコクと苦味が感じられるスティックコーヒーです。

  • 独自の「T2ACMI焙煎」で香りが高い
  • 挽きたて、淹れたてのようなコーヒーが楽しめる

独自の焙煎技術で本格的なコーヒーを楽しむことができます。

持ち運びに便利なため、自宅や会社、アウトドアやピクニックなどで美味しいコーヒーの楽しみたい方にぴったりです。

「スティックコーヒーでも本格的なコーヒーを楽しみたい」「ブラックコーヒーが好き」という方におすすめです。

 

 

ネスレ【ネスカフェ エクセラスティック】

ネスカフェ エクセラ スティック ブラック

出典:amazon

苦味が強い深煎りコーヒーが楽しめるネスレの「エクセラスティック」
コーヒーの香りと重厚なコクが感じられる味にため、朝の眠気覚ましにぴったりです。

  • 独自の「挽き豆包み製法」で淹れたての味わい
  • 微粉砕により酸化防止

コーヒー豆の鮮度を重視した製法で作られているため、いつでも淹れたてのような香りと深いコクを楽しむことができます。
「苦いコーヒーが好き」「毎朝コーヒーを飲む」という方におすすめです。

created by Rinker
ネスカフェ RSC
¥1,473 (2024/04/17 23:41:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

AGF【ブレンディ カフェラトリー濃厚ミルクカフェラテ】

ブレンディ カフェラトリースティック 濃厚ミルクカフェラテ

出典:amazon

自宅や会社でもカフェにいるようなリッチな気分を味わえるのが「カフェラトリーの濃厚ミルクカフェラテ」

豊かなコクと濃厚なミルク感のある味わいが特徴です。
甘すぎずほどよい苦味を感じられるカフェオレのため、甘すぎないカフェオレが好みという方にはぴったりです。

1本あたり約30円と安価ですが、カフェのようなカフェラテが楽しめる点も魅力。

「スティックコーヒーで美味しいカフェラテが飲みたい」「甘すぎないカフェラテが好き」という方におすすめです。

 

 

ネスレ【ネスカフェ エクセラふわラテ】

ネスカフェ エクセラ ふわラテ

出典:amazon

120本入りと大容量のネスレの「エクセラふわラテ」ミルクとコーヒーのバランスが取れた味わいが絶妙で人気を集めているシリーズです。

最大の特徴は「バリスタが淹れたようなきめ細かな泡」が楽しめること。

フワフワの泡から感じられるなめらかな口当たりが、カフェのようなリラックス感を連想させます。

ホット、アイスの両方を楽しめるので、大容量でも通年カフェラテを楽しむことができます。

「カフェのようなフワフワなカフェラテを楽しみたい」という方におすすめです。

created by Rinker
ネスカフェ CCM
¥2,127 (2024/04/17 23:41:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

INIC coffee【ナイトアロマスティック】

INIC coffee ナイトアロマ スティック

出典:amazon

カフェイン99.85%除去されたINICの「ナイトアロマスティック」は、カフェインレスのスティックコーヒーです。

「カフェインレスはどうしても味が物足りない…」との声も多いですが、INICのナイトアロマは味のバランスが良いコロンビア産の豆を使用しています。

そのため、本来のコーヒーと近い豊かなコクと香りを楽しむことができます。

「ナイトアロマ」という商品名なだけあって、夜寝る前にコーヒーを飲む方にもぴったりです。
「妊娠中・授乳中だけどコーヒーを飲みたい」「カフェインの量を気にしている」という方におすすめです。

 

 

アソートタイプ

複数の種類が入ったアソートタイプでおすすめのスティックコーヒー4商品を紹介していきます。

AGF【ちょっと贅沢な珈琲店 産地ブレンドアソート】

AGF ちょっと贅沢な珈琲店 ブラックコーヒーアソート

出典:amazon

AGFの中でも本格的なコーヒーを楽しめると評判のシリーズちょっと贅沢な珈琲店の「産地ブレンドアソート」

自分のライフスタイルや気分に合わせて選べるブラックタイプのスティックコーヒーです。

  • 香ばしい香りと深いコクの「ブラジル・ブレンド」
  • 華やかな香りとまろやかな味わいの「コロンビア・ブレンド」
  • 甘い香りと澄んだ味わいの「モカ・ブレンド」
  • 爽やかな香りとほどよい酸味の「キリマンジャロ・ブレンド」

上記4種類を楽しむことができます。

ホットとアイスの両方を楽しむことができるので、季節に応じて飲みわける方にもぴったり。
1本1本にホッとするメッセージが、さらにリラックス効果を高めてくれます。

「ブラックのコーヒーで色々な味を楽しみたい」「本格的なコーヒーが飲みたい」という方におすすめです。

 

 

AGF【ブレンディ カフェラトリースティックアソート】

AGF ブレンディ カフェラトリー スティック アソート 100本

出典:amazon

濃厚なミルク感が人気のAGF ブレンディの「カフェラトリースティックアソート」

カフェで人気のラテが揃ったアソートタイプです。

この1箱で6種類のラテを楽しむことができます。

  • 濃厚なコクが特徴の「濃厚ビターカフェラテ」
  • コク深いコーヒーと濃厚なミルクを使った「濃厚ミルクカフェラテ」
  • コーヒーとミルクのバランスが良く甘さなしの「濃厚ミルクカフェラテ 甘さなし」
  • 香ばしいキャラメルとまろやかな味わい「濃厚キャラメルマキアート」
  • 香り高い紅茶と濃厚なミルクを使った「濃厚ロイヤルミルクティー」
  • ミルクのまろやかさと抹茶の風味が感じられる「濃厚抹茶ラテ」

甘いラテというよりも濃厚で甘さ控えめのラテが多いため、リッチで大人っぽい味わいのラテを楽しみたい方にぴったりです。
自宅使いはもちろん、職場で同じ部署の方とたまにシェアしてみるのも良いでしょう。

「どちらかというとコーヒーよりもラテ系が好き」「甘さ控えめのラテを楽しみたい」という方におすすめです。

 

 

ネスレ【スターバックス プレミアムミックスギフト】

ネスレ スターバックス プレミアム ミックス ギフト SBP-20A

出典:amazon

ネスレとスターバックスがコラボしたアソートタイプのスティックコーヒー「プレミアムミックスギフト」

カフェチェーンで大人気、スターバックスのロゴが缶ケースに印字されたおしゃれな見た目が特徴です。

全部で4種類の味を楽しむことができます。

  • カフェラテ
  • キャラメルラテ
  • 抹茶ラテ
  • カフェモカ

厳選されたアラビカ種のコーヒー豆100%と全脂粉乳を使用しているため、本格的かつリッチな味わいを楽しむことができます。
缶は小物や雑貨を入れて使用するのも良いでしょう。

「自分へのご褒美に少しリッチなコーヒーを楽しみたい」「プレゼントにぴったりのスティックコーヒーを探している」という方におすすめです。

 

 

INIC coffee【アソートコーヒーギフトセット】

NIC coffee アソートコーヒーギフトセット スティック 12本

出典:amazon

INICで定番かつ人気のコーヒーが楽しめる「アソートコーヒーギフトセット」

その日の気分に合わせて味が選べるだけでなく、他にはない身体に良いコーヒーが入っているのも特徴です。

  • 酸味とコクの絶妙なバランス「スムースアロマ」
  • ミルクの旨味とコーヒーのアロマが調和「モーニングアロマ」
  • カフェイン99.85%除去の本格デカフェ「ナイトアロマ」
  • 100%オーガニックのコーヒー豆「ナチュラルアロマ」

パッケージがかわいいので、コーヒー好きの方へのプレゼントにもぴったりです。

デザイン的に女性に好まれそうですが、健康志向の男性も試していただきたいスティックコーヒーのアソートシリーズです。

「コーヒーが好きな方にぴったりのプレゼントを探している」「身体にやさしいスティックコーヒーが飲みたい」という方におすすめです。

 

 

スティックコーヒーが体に悪いといわれる理由


手軽に本格的なコーヒーが楽しめるスティックコーヒー。しかし、体に悪いといった話もよく耳にするため、気にされている方も多いと思います。

スティックコーヒーが体に悪いといわれる理由は、以下のような「人工甘味料などの添加物」が使用されているためです。

  • ・アセスルファムK
  • ・L-フェニルアラニン化合物
  • ・カゼイン など

「アセスルファムK」「L-フェニルアラニン化合物」は人工甘味料の一種で、砂糖の200倍近くの甘みをだすことができます。
カロリーを抑えるために、砂糖の代わりに入れられていることが多いです。

「カゼイン」は牛乳に含まれるたんぱく質ですが、過剰に摂取するとかゆみや蕁麻疹といったアレルギーを引き起こす場合があります。

どの添加物も摂りすぎに注意すれば身体への悪影響は少ないといえますが、まったく悪影響がないとは言い切れません。

気になる方は無添加のスティックコーヒーを選ぶと良いでしょう。

こちらでスティックコーヒーの安全性について詳しく解説していますので、知識を深めたい方はぜひ読んでみてくださいね。

スティックコーヒーの安全性とは?健康への影響や注意点を解説

 

スティックコーヒーで手軽にコーヒーを楽しもう


今回はスティックコーヒーの選び方とおすすめを10商品紹介しました。

スティックコーヒーは今では様々な種類が販売されています。

そのため選ぶときは「ブラック or 甘みがあるもの」「味のバランス」「身体を気にしてカフェインレスのもの」など、好みやライフスタイルにあった項目に注目してみると良いでしょう。

また、スティックコーヒーは1種類のものと複数の種類が入ったアソートタイプが販売されていますが、どの味にするか迷っている方はアソートタイプを、好みの味が決まっている方は1種類タイプで楽しむことをおすすめします。

この記事の選び方とおすすめの商品を参考に自分に合ったスティックコーヒーを見つけて、手軽にコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. ガラスローテーブルがあるおしゃれな部屋

    ガラスのコーヒーテーブルおすすめ10選!おしゃれな円形や白・黒など

  2. 【初心者必見】ハンドドリップコーヒーに必要な道具と入れ方!

  3. 水出しコーヒーパックおすすめ5選!使い方や自作する方法も

  4. オフィス用コーヒーマシン

    【レンタル】オフィス用コーヒーマシンの人気メーカーを比較!購入との違いも

  5. ケトルとコーヒー

    コーヒー用ケトルおすすめ10選!電気タイプやおしゃれな銅製も

  6. アンティーク調のコーヒーミル5選!インテリアとしても人気のミルを紹介

  7. 山頂で飲むコーヒー

    登山で至福のコーヒータイムを!おすすめ器具や美味しい入れ方も

  8. 高級な手動コーヒーミルが注目されている理由を徹底解説!おすすめも紹介

  9. 《初心者向け》コーヒープレスの美味しい入れ方!ポイントや欠点も解説

PAGE TOP