注目の記事 PICK UP!

ドリップコーヒーに適した電気ケトルおすすめ10選!温度設定機能付きなど

コーヒー用の電気ケトル

『ドリップコーヒーにピッタリの電気ケトルがほしい』
『コーヒー用にどんな電気ケトルを選んだらいいのかわからない』
このように悩んで、記事に辿りついた方もいるのではないでしょうか?

在宅ワークでの仕事が増えている昨今、家でドリップコーヒーを淹れたいと考えて、電気ケトルを探している方も多いと思います。

しかし、電気ケトルと一言でいっても形状や機能など様々で、どの電気ケトルがドリップコーヒーに適しているのか悩みますよね。

今回はそんな方のために、ハンドドリップコーヒーにピッタリかつ人気の電気ケトルをご紹介します。

ドリップコーヒーに適した電気ケトルの形状・機能なども解説していますので、電気ケトル選びで悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

ドリップコーヒーを入れるのに適した電気ケトルとは?

ドリップコーヒー用の電気ケトル
ドリップコーヒーに適した電気ケトルの特徴を解説していきます。

注ぎ口は【細口ノズル】

細口ノズルのコーヒー用電気ケトルハンドドリップで美味しいコーヒーを淹れるコツは、湯量のコントロールです。

コーヒーをドリップする際は、少量のお湯を粉全体に注ぐ蒸らしの工程や、サーバーに落ちるコーヒーの量や速度を一定に保つ必要があります。この湯量の微妙なコントロールができるのは、形状が細口の電気ケトルです。

形状が広口でも問題はないのですが、傾けた時にお湯が一気に流れてしまうこともあるので、湯量のコントロールが難しいです。そのため、ハンドドリップでコーヒーを淹れる場合は、形状が細口の電気ケトルを選びましょう。

 

容量は【0.6L~1L】がおすすめ

1L以上と容量の大きい電気ケトルも販売されていますが、重量が増すので繊細な動きが必要なハンドドリップコーヒーにはあまり向いていません。また、女性の場合は扱いにくさを感じてしまうこともあります。

そのため、一度に淹れる杯数に合わせて、電気ケトルの容量を選ぶと良いでしょう。コーヒーカップ1杯分の量は120ml前後です。3~4杯程度なら0.5L7~8杯程度なら1Lが目安です。

0.6L~1L容量の電気ケトルであれば、少量から少し多めの分量にも対応でき、扱いやすいのでおすすめです。

 

機能

ここでは、ハンドドリップコーヒーにピッタリな電気ケトルの機能について解説していきます。

【温度設定】が可能

ハンドドリップで美味しいコーヒーを淹れるには、お湯の温度が重要になってきます。

一般的にコーヒーのお湯は90℃前後が適温と言われていますが、使用するコーヒー豆の種類や焙煎によって微妙に適温が変わってきます。

お湯を沸かすだけの電気ケトルだと、お湯の温度がわかりにくく、適温の状態でコーヒーを淹れることが難しくなります。そのため、お湯の温度を調整できる『温度設定機能』がついた電気ケトルがおすすめです。

5℃単位や10℃単位で温度設定ができるケトルはもちろん、最近ではピンポイントで温度を設定できるものから、1℃単位で調整できるモデルも販売されています。

よく飲むコーヒー豆に合った温度設定がある電気ケトルを選ぶと良いでしょう。

 

【保温機能】がついている

ハンドドリップ用に電気ケトルを購入する場合は、保温機能がついたものがおすすめです。

ハンドドリップでコーヒーを淹れる際は、蒸らし工程を含め、数回にわけてお湯を注ぐ必要があります。

その時にお湯の温度が少し冷めていると、コーヒーの抽出や味にムラが出てしまいます。お湯の温度を常に一定に保ち、美味しいドリップコーヒーを淹れたい場合は、保温機能は必須となってきます。

 

空だき防止機能(自動電源オフ)

電気ケトルを購入する場合は、空だき防止機能(自動電源オフ)がついたモデルもおすすめです。

電気ケトルを使用する際に「水が入っているだろうと思いスイッチを入れたら、空だきになっていた」なんて経験はありませんか?

空だきは火事のもとにもなるので、絶対に避けたいところです。空だき防止機能がついていると、水が入っていない状態だと自動で電源がオフになるので、火事の予防になるだけでなく、安全に使用することができます。

空だき防止機能がついているモデルと、お湯が沸いたら自動で電源オフになるモデル、またはどちらの機能もついているモデルの3タイプがあるので、購入時にチェックしてみましょう。

 

カウントアップタイマー機能

こちらはごくわずかですが、ストップウォッチのように抽出時間を計測できる機能がカウントアップタイマーです。抽出時間を計測することで、コーヒーの濃度を調整することができます。

また、ハンドドリップコーヒーを淹れる際は、蒸らしの時間は20~30秒前後抽出時間は2分30秒~3分程度が、最も美味しくコーヒーを淹れられる時間と言われています。

スマートフォンなどで時間を計ることも可能ですが、電気ケトルについているとコーヒーの抽出を見ながら確認できるので便利です。コーヒーの蒸らし時間や、淹れる時間にもこだわりたいという方におすすめの機能です。

 

 

ドリップコーヒーに適した電気ケトルおすすめ10選

コーヒー用電気ケトル
ドリップコーヒーに適した、おすすめの電気ケトル10個をご紹介します。

■”細口ノズル”の形状
■容量は”0.6L~1L”
と、ハンドドリップコーヒーにピッタリで人気の電気ケトルを掲載しています。

 

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 【ドリップケトル IKE-C600T-B】

生活用品や家電で有名な、アイリスオーヤマのコーヒー用ドリップケトル。アンティーク調のおしゃれなデザインは、どのインテリアにも馴染みやすいと老若男女問わず人気です。

100℃(沸騰)、90℃(コーヒー用)、70℃(日本茶用)と3段階の温度設定が可能です。また、保温機能も充実しており、60℃~95℃を5℃刻みで保温することもできるので非常に便利です。

本体の内側に満水容量が印字されているので、水の入れすぎを防止できるので、注ぐときにこぼす心配が不要です。

デザイン性だけでなく、ハンドドリップコーヒーに必要な機能が一通りそろっているドリップコーヒー用の電気ケトルです。

「どの電気ケトルにするか迷っている」という方におすすめしたいモデルです。

容量 0.6L
温度設定 〇(100℃,90℃,70℃)
保温機能 〇(60℃~95℃)
その他機能 空だき防止機能

 

HAGOOGI【コーヒー電気ケトル】

フタの部分と持ち手の部分に木目模様が入っているため、おしゃれなコーヒー用電気ケトルを探している方に人気です。本体部分に『304食品級ステンレス』が使われており、錆に強く耐久性もあるため、長く愛用できる点がポイントです。

最大の特徴は、3~4分とスピーディーにお湯を沸かせること。また、温度設定も40℃~100℃と幅広く調整でき、30分の保温機能がついているのでハンドドリップに非常に適しています。

ノズルもスリムに作られているため、湯量がコントロールしやすく湯切りしやすいので、ポタポタ垂れるお湯で火傷する心配も不要です。

「在宅ワークでサッとお湯をわかしてコーヒーを淹れたい」という方におすすめです。

容量 0.8L
温度設定 〇(40℃~100℃)
保温機能
その他機能 空だき防止機能(自動電源OFF)

 

山善【電気ケトル YKG-C800-E】

生活家電・キッチン家電などを豊富に取り扱う山善の電気ケトル。マットテイストの黒のデザインがおしゃれと、デザイン部分でも人気を集めています。

機能性も非常によく、プリセット機能搭載で60℃・70℃・80℃・85℃・90℃・95℃と6段階の温度設定が可能です。それに加えて、60~100℃までを1℃単位で調整可能なので、好みの温度を細かく設定できる点が大きな特徴です。

空だき防止機能やデジタル表示も見やすく、シンプルで使いやすいです。更に持ちやすいハンドルで、さっと使えるように軽く設計されているため、繊細な動きと複数回お湯を注ぐ工程が必要なハンドドリップにピッタリです。

「ドリップコーヒーを淹れる時は、お湯の温度にとことんこだわりたい」という方におすすめです。

容量 0.8L
温度設定 〇(60℃~100℃)
保温機能
その他機能 空だき防止機能

 

ハリオ(HARIO)【V60 パワーケトル・ヴォーノN】

コーヒー器具で有名なハリオのコーヒーケトル。中でもV60シリーズは、世界のバリスタで愛用者がいるほど人気の高いシリーズです。

本体は独特な凹凸のあるハリオ製品ならではのデザインです。50℃~96℃の範囲で温度設定ができ、15分の保温機能もついているので温度設定や保温機能はバッチリです。

温度設定だけでなく他の機能も充実しており、水が入っていない場合は自動で加熱を停止します。

また、10分間操作がない場合は自動で電源が切れるなど、機能性・安全面ともに申し分ありません。そのため、「ドリップコーヒーを作るうえでの機能性と、安全面を重視したい」という方におすすめです。

容量 0.8L
温度設定 〇(60℃~96℃)
保温機能
その他機能 ■空だき防止機能
■自動電源OFF機能
■本体下部にコード収納可
created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥13,779 (2022/09/26 13:15:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

バルミューダ(BALMUDA)【The Pot K02A-BK】

デザインがおしゃれとキッチン家電で老若男女問わず、爆発的な人気を集めているバルミューダの電気ケトル。

温度設定機能や保温機能はついていないですが、洗練されたデザインはインテリアとしても目を惹くこと間違いなしです。

「空だき防止機能」や「自動電源オフ機能」が搭載されているので、安全面については申し分ありません。

また、ハンドル(持ち手)の部分に、ネオン管を使用した電源ランプが搭載されているので、電源ON/OFFの状態が一目で確認できます。

軽く設計されているので、使いやすくお湯が注ぎやすい点もポイントです。

一度にコーヒー3杯分のお湯が沸かせるため、「一人暮らし・二人暮らしで、ドリップコーヒーを少量淹れたい」という方におすすめです。

容量 0.6L
温度設定 × 
保温機能 ×
その他機能 空だき防止機能
created by Rinker
BALMUDA(バルミューダ)
¥16,600 (2022/09/26 13:15:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

デロンギ(DeLonghi)【アイコナKBOE1230J-W】

エスプレッソマシンで有名なデロンギが開発・販売する電気ケトル『アイコナ KBOE1230J-W』。

独特な凹凸加工を施し、指紋や汚れがつきにくく耐久性も重視されているため、長く愛用できる点がポイントです。また、高級感のあるおしゃれなデザイン性が人気を集めています。

温度設定は50℃、60℃、80℃、95℃、100℃と5段階で設定でき、ボタンを押すだけでお湯が沸かせる簡単な操作性になっています。20分の保温機能がついているので保温機能もバッチリです。

最小200ml~最大1Lのお湯がわかせるので、少人数から大人数に対応できるのも魅力です。本体外側に目盛りつきの水量計がついているので、分量を一目で確認できます。

電源コードのホルダーが底にあるので、使わない時はコードを巻いてコンパクトに収納することができます。

容量 最大1L(200ml~1Lまで対応)
温度設定
保温機能
その他機能 ■空だき防止機能
■自動電源OFF
■電気コードホルダー付

 

オクソー(OXO)【コーヒードリップ電気ケトル】

「より多くの人にとって使いやすい製品」をコンセプトに様々な家電や生活用品を開発・販売する、海外で人気のオクソーの電気ケトル。

温度設定は40℃~100℃を1℃単位で設定ができるので、コーヒーはもちろん紅茶・緑茶、料理にも応用できる点が特徴です。

ダイヤル操作で温度設定を行い、電源ボタン押すだけと片手で簡単に操作できる点もポイントです。30分の自動保温モードや、コーヒー用電気ケトルで数少ない10分間のカウントアップタイマーがついています。

他にも「自動電源オフ機能」や「コードレス」「数字の表記にはLEDディスプレイ使用」「ケトルスタンドに温度ガイドが印字」されていたりと、機能性は充実しています。

また、手に負担がかからないように、バランスを考慮したデザインになっているので、男性だけでなく女性にも使いやすい電気ケトルです。

容量 最大1L
温度設定 〇(40℃~100℃)
保温機能
その他機能 ■自動電源OFF
■カウントアップタイマー機能(10分間)

 

デバイスタイル【グースネック式電気ケトル】

本体はホワイトカラーのステンレス素材で、フタと持ち手に木目模様が入っているおしゃれな電気ケトル。デザインが可愛いと女性から人気を集めています。

フタ部分には温度計が搭載されているため、一目でお湯の温度を確認することができ、最適な温度でハンドドリップが可能です。

800mlの満水状態でも、沸騰の時間は4分程度とスピーディーにお湯をわかすことができます。在宅ワークの片手間にお湯を沸かしたいという方にもピッタリです。

誰でも簡単に湯量のコントロールができるグースネック式が採用されているので、コーヒー用ケトル初心者でも使いやすい点が特徴です。

容量 0.8L
温度設定 ×
保温機能 ×
その他機能 ■温度計搭載
■湯量をコントロールしやすいグースネック式

 

ドリテック(dretec)【電気ケトル コーヒードリップポット】

「暮らしをデザインする」をコンセプトにキッチン家電の販売を行うドリテックの電気ケトル。

本体素材がステンレスなのにお手頃価格で、スタイリッシュでシンプルなデザインがキッチンインテリアとしても人気です。

カラーもステンレス・ブラック・ホワイトと3種類用意されているので、キッチンやお部屋に合わせて色味を選ぶことができます。温度設定・保温機能はなく、お湯を温めるのみのシンプルな機能性です。

しかし、最大1Lの容量で少人数から大人数に対応できる点と、空だき防止機能がついているので、安全に使用することができます。沸かしている間は、ランプが点灯するので沸いたかどうかを一目で確認することも可能です

細口形状で注ぎ口が広く作られているため、注ぎやすさはもちろん、水切りも良いので、注いだあとお湯が垂れて火傷する心配もありません。

容量 最大1L
温度設定 ×
保温機能 ×
その他機能 空だき防止機能
dretec ドリテック 電気ケトル ステンレス コーヒー ドリップ ポット 細口 1.0L シルバー
dretec(ドリテック)

 

モデンダコ【電気ケトル スリムノズル】

本体重量がわずか0.53gと軽量設計のため、女性でも扱いやすくサッと持ち運べる電気ケトルです。マットな質感は、おしゃれでインテリアにも馴染みやすいと人気を集めています。

操作方法も簡単で、持ち手下にある電源スイッチを押すのみとワンタッチで操作ができます。カップ1杯分の水を約90秒で沸かせるので、在宅ワーク時にサッと沸かしたい方にピッタリです。

内部に「MAX」と表記があるので、水を淹れる最大量も一目で確認できるので、入れすぎてこぼれる心配がありません。

ノズルもスリムにつくられているので、湯切りもスムーズで湯量をコントロールしやすく、ドリップコーヒーにピッタリです。

温度設定、保温機能はついていませんが、お湯が沸いたら自動で電源OFFになるシンプル設計です。また、使用しない時はスタンドの底にコードをまとめられるので、場所を取ることなくスッキリと収納できます。

容量 最大1L
温度設定 ×
保温機能 ×
その他機能 ■自動電源OFF機能
■軽量

 

 

ドリップコーヒーに適した電気ケトルを選んでみては

ドリップコーヒーと電気ケトル
いかがでしたでしょうか?
ハンドドリップにピッタリの人気の電気ケトル10個をご紹介しました。

様々な電気ケトルが販売されている中で、ドリップコーヒーに適した電気ケトルを探す場合は、下記に注目して選ぶと良いでしょう。

■”細口ノズル”形状
■容量は”0.6L~1L”
■温度設定
■保温機能

他にも抽出時間が計れる”カウントアップタイマー機能””空だき防止機能”などがあるので、機能にも注目して自分のスタイルに合った電気ケトルを探してみましょう。

ハンドドリップでコーヒーを淹れると、いつもとは違った休憩時間が堪能できます。ぜひ、電気ケトルを購入して、コーヒータイムを優雅に過ごしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 水出しコーヒーパックおすすめ5選!使い方や自作する方法も

  2. スティックコーヒー

    スティックコーヒーの安全性とは?健康への影響や注意点を解説

  3. オフィスコーヒー自販機

    自動販売機型のオフィスコーヒーのメリット・デメリット!人気メーカーの比較も

  4. おすすめの水出しコーヒー装置5選!業務用・家庭用で使用できる装置をご紹介

  5. コーヒーミル

    コーヒーミルおすすめ15選!手動・電動別に人気商品を紹介

  6. 手動コーヒーミルのおすすめ6選!おしゃれ・キャンプのジャンル別に紹介

  7. セラミック製のコーヒーミルを徹底解説!金属との比較やおすすめもご紹介!

  8. 《買い替え検討者必見》おすすめの臼式コーヒーミル7選!特徴も解説

  9. コーヒーサーバー

    家庭用コーヒーサーバーおすすめ15選!保温性の高いステンレスやおしゃれな陶器も

PAGE TOP