注目の記事 PICK UP!

コーヒーが飲みたくなる理由とは?飲めないときの対処法も

疲れている時や仕事で嫌なことがあった時、コーヒーを飲むと不思議とスッキリしますよね。ふとした時に、無性にコーヒーが飲みたくなるという方も多いのではないでしょうか?

しかし、コーヒーに含まれるカフェインを摂取しすぎると身体に悪影響を及ぼす可能性もあるため、摂取量も気になるところですよね。

今回はそんな方のために、コーヒーが飲みたくなる理由を始め、コーヒーの飲み過ぎによる身体への影響や適量について解説していきます。

1日のカフェイン摂取量分を飲んでしまい、コーヒーを飲みたいけど飲めないという方にピッタリの代替えの飲み物も紹介しているので、是非参考にしてみてくださいね。

 

コーヒーが飲みたくなる理由

コーヒーと時計
コーヒーが飲みたくなる理由を2つ解説していきます。

 

ストレスが溜まっている

仕事・プライベートでうまくいかない時、ストレスを感じることが多いと思います。そんな時、コーヒーが飲みたくなることって多いですよね。

これは、コーヒーに含まれるカフェインがコルチゾールの分泌を抑えて、リラックス効果をもたらしてくれることが理由です。

ストレスを抱えると副腎という臓器が、ストレスから身体を守るためにコルチゾールというホルモンを分泌します。

コルチゾールが過剰になると、不安感・鬱・不眠などを起こします。コーヒーに含まれるカフェインはこのコルチゾールの分泌を抑える効果があるため、ホッとした気分になります。

これが、ストレスや疲れを感じた時に仕切り直しとしてコーヒーが飲みたくなる理由です。

しかし、カフェインはコルチゾールの分泌を抑えるだけです。ストレスの原因を改善しないと、ストレスを抱える⇨コルチゾール分泌⇨コーヒーを飲む(カフェイン摂取)というループにハマり、カフェインの過剰摂取となるので注意しましょう。

 

栄養素の摂取不足

リン・鉄分・硫黄など栄養素が不足していると、貧血・身体のだるさ・疲労を感じやすい状態になります。

コーヒーにはホッとできるリラックス効果があるので、鉄分など栄養不足による疲労感からコーヒーが飲みたくなります。

しかし、コーヒーに含まれるタンニンが鉄分などの栄養素の吸収を阻害してしまうので、まずは食生活の改善を優先しましょう。

 

コーヒーの飲み過ぎは良くない?

溢れるコーヒー
コーヒーに含まれるカフェインの過剰摂取は、健康に良くないと言われています。そのため、コーヒーの飲み過ぎは良くなく、1日の摂取量の目安が設定されているほどです。

では、コーヒーを飲み過ぎると、どんな影響が身体に及ぶのかを解説していきます。

 

飲み過ぎによる身体への影響

コーヒーに含まれるカフェインは、適量を摂取すると胃の消化補助・脂肪分解など、健康に良い効果が期待できます。

しかし、それほどの効果が期待できるほど影響力が強い成分のため、飲み過ぎると身体に悪影響を及ぼします。

・胃もたれ
・頭痛
・腹痛
・めまい
・心拍数の増加や動悸
・不眠
・高血圧 など

カフェインには興奮作用がある分、飲みすぎると心臓を始めとした内臓にも負担をかけるので注意しましょう。

 

適量

カフェインの1日の摂取量は以下です。

・成人:400ml(マグカップ約3杯分)
・妊婦:200ml(マグカップ約2杯分)
引用元:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/

コーヒーは適量を摂取すると、がん予防・血糖値の改善・肥満防止など健康に良い影響があると注目されているので、適量を守るようにしましょう。

また、カフェインが含まれている飲み物はコーヒーだけではありません。紅茶やエナジードリンクにもカフェインは含まれているので、飲食物に注意を向け過剰摂取にならないようにしましょう。

 

コーヒーが飲みたいけど飲めないときの対処法

コーヒー豆
1日のカフェイン摂取量分を飲んでしまい、コーヒーを飲みたいけど飲めないという方も多いと思います。そんな方のために、コーヒーの代替になる飲み物を3つご紹介します。

 

カフェインレスコーヒー(デカフェ)

■カフェイン摂取量に達しているけどコーヒーを飲みたい
■カフェインの摂取は控えたい
そんな方にピッタリのカフェインレスコーヒー(デカフェ)。

コーヒーの味・風味・見た目はそのままなのに、カフェインを気にしなくて良い点が特徴です。コーヒーが欠かせないという方に必須の代替品です。

 

たんぽぽコーヒー

たんぽぽコーヒーはポーランド発祥の飲み物で、焙煎したたんぽぽの根から作られます。名称にコーヒーとついているだけあり、見た目や風味はコーヒーに近いと評判です。

もちろん、原料にコーヒー豆が使われていないので、カフェインは含まれていません。そのため、コーヒーのカフェインが気になる方からも愛されている飲み物です。

 

ルイボスティー

老化防止・美容効果が期待できることから、女性に人気のルイボスティー。原料であるルイボスは、マメ科の一種のためカフェインが含まれていません。

コーヒーと同じリラックス効果もあるので、コーヒーの代替として妊婦さんや子育て中のママさんからも支持されています。

 

コーヒーが飲みたくなるのは理由がある

コーヒー
コーヒーが飲みたくなる理由は、『ストレス状態になると分泌されるコルチゾールを減少させストレスが解消される』『栄養不足が原因』と解説しました。

また、コーヒーは飲み過ぎると身体や内臓に負担をかけてしまうので、成人の方は『1日約3杯』妊婦さんは『1日約2杯』と適量を守るようにしましょう。

1日のカフェイン摂取量は達していて、コーヒーが飲みたいけど飲めないという方は『カフェインレスコーヒー』『たんぽぽコーヒー』『ルイボスティー』など、カフェインが入っていない飲み物がおすすめです。

他にもカフェインレスの飲み物は多いので、ぜひ探して試してみてくださいね。

関連記事

  1. デカフェ

    デカフェコーヒーの魅力とデメリット!カフェインレスとの違いも

  2. コーヒーのカプセル

    人気のカプセル式コーヒーマシン5選を徹底比較!美味しくてコスパがいいのは?

  3. 電動コーヒーミル

    電動コーヒーミルおすすめ7選!選び方や手動との違いも

  4. ガラスローテーブルがあるおしゃれな部屋

    ガラスのコーヒーテーブルおすすめ10選!おしゃれな円形や白・黒など

  5. 電動式のコーヒーグラインダー

    【価格・機能で比較】おすすめの電動コーヒーグラインダー5選!種類と選び方も解説

  6. コーヒーキャニスターとポット

    コーヒーキャニスターの選び方&おすすめ10選!使い方・保存方法も

  7. ウインナーコーヒーの名前の由来とは?美味しい飲み方やアレンジ・簡単レシピも

  8. コーヒープレス

    コーヒープレスの使い方&おすすめ5選!美味しく入れるコツも

  9. コーヒーの飲み過ぎは要注意!下痢や胃痛など起こりうる症状や適量を解説

PAGE TOP