注目の記事 PICK UP!

【2024】おしゃれなコーヒーキャニスター10選!選び方・使い方も

コーヒーキャニスターとポット
  • おすすめのコーヒーキャニスターが知りたい
  • コーヒーキャニスターの選ぶ時のポイントが知りたい

自宅で美味しいコーヒーの飲むためには、まずコーヒー豆の鮮度を保つことが必要不可欠。そのため、より鮮度を維持できるコーヒーキャニスターを探している方も多いのではないでしょうか?

しかし、コーヒーキャニスターと一口にいっても、小さめから大容量のまでと大きさも幅広く、素材も様々でどれが良いのか悩みますよね。

今回はそんな方のために、おすすめのコーヒーキャニスターを10商品に絞ってご紹介していきます。大きさや素材、機能といった選ぶときに見るべきポイントを始め、コーヒーの保存状態をより高める使い方や保存方法も解説していきます。

是非、コーヒーキャニスターを購入する際に役立てていただけると幸いです。

 

コーヒーキャニスターを選ぶ際のポイント

コーヒーキャニスター

コーヒーキャニスターを選ぶ際に見るべきポイントは以下の3つです。

  • 大きさ
  • 素材
  • 機能

それぞれ詳しく解説していきます。

大きさ

キャニスターの大きさは「コーヒー豆の消費量」や「保存方法」に合わせて選ぶのがおすすめです。

消費量については「一杯に使う豆の量」と「飲む頻度」から計算するとわかりやすいでしょう。コーヒー一杯に使う豆の量は、だいたい「10g前後」です。1日に2杯飲む方は、1日で20g、1週間で140g、3週間で420gのコーヒー豆が必要です。

そのため、1週間ごとにコーヒー豆を購入する場合は200g以上と小さめのキャニスターで問題ありません。

一方で数週間や1ヵ月ごとに一気買いする方や、コーヒー豆を袋ごとキャニスターに保存する方は600g前後の容量が大きいコーヒーキャニスターを選ぶと良いでしょう。たくさんのコーヒー豆を保存でき、袋ごとでも問題なく保存できます。

また、少量のコーヒー豆を大容量のキャニスターで保存すると、空気に触れて酸化しやすくなり、劣化の原因となるので注意が必要です。

 

素材

コーヒーキャニスターは、「スチール」「陶器製」「ガラス製」「ホーロー製」「ステンレス製」「銅製」「木製」と素材の種類が豊富です。素材ごとに機能性や特徴が異なるので、自宅の環境に合った素材を選ぶことがおすすめです。ここでは、素材の種類や特徴を解説していきます。

スチール

スチール素材のコーヒーキャニスターは、密封性に優れていることや頑丈な作りのものが多いことが特徴です。

最近、スチール素材のキャニスターはフタの内側にシリコンパッキンなどがついているので、密封性が高く空気に触れにくくなっています。そのため、コーヒー豆の劣化を防ぐことができます。スチール素材によっては頑丈なものもありますが、ぶつけたり強い衝撃を与えたりするとヘコみ安いので、扱いには注意が必要です。

陶器製

陶器製

陶器製のコーヒーキャニスターは、劣化しにくく遮光性に優れているところが特徴です。そのため、キャニスターを長く使える上にコーヒー豆が劣化しにくいです。

また、コーヒー豆に匂い移りする心配がない点も特徴です。しかし、陶器は重いので取り扱いに気を付けないと、割ってしまう恐れがあるので注意が必要です。

ガラス製

ガラス製
ガラス製の特徴は密封性に優れ、透明なので中身が確認しやすいところです。

また、価格もわりと安価でシンプルなデザインはインテリアの馴染みやすいため、初めてキャニスターを買う方や、どれが良いか迷っている方にもおすすめの素材です。

匂い移りの心配もないですが、遮光対策は劣るので日当たりが良いキッチンやお部屋での保存はおすすめしません。そのため、ガラス製のキャニスターを使用する場合は、冷暗所で保管すると良いでしょう。

最近は、フタをシリコンにして密封性を高めたガラス製のキャニスターも増えています。

ホーロー製

ホーロー製
あまり聞きなれないホーロー製は、金属をガラスでコーティングした素材のことです。

ホーロー製の特徴は遮光性が高く丈夫で、雑菌が繁殖しにくいという衛生面も万全です。密封さえしっかり行っていれば、匂い移りの心配も必要ありません。

また、ホーローで作られた入れ物はおしゃれなデザインのものが多く、キッチンインテリアとしても人気を集めています。価格が他の素材に比べると少し高めですが、「おしゃれ」「機能性」「衛生面」に優れているのでコーヒー豆を保存するのにピッタリです。

ステンレス製

ステンレス製
キッチン用品の定番とも言える素材でもあるステンレス製。ステンレス製のコーヒーキャニスターは、遮光性に優れていて軽いため扱いやすいのが特徴です。

可もなく不可もない素材ですが、金属特有の匂いがコーヒー豆に移る場合があるため、匂いに敏感な方にはあまりおすすめしません。

木製

木製は湿度を一定に保ち、遮光性に優れているため、コーヒー豆の劣化を防いでくれる点が特徴です。これは湿気を吸って外に吐き出すという、木本来の特性が働くためで他の素材にはない特性です。また、ぬくもりと安心感のあるデザイン性が、最近老若男女問わず人気を集めています。

プラスチック製

プラスチック製は、使いやすく強化プラスチックの場合は割れにくいという特徴があります。最近では密封保存に優れたものが多いのも、プラスチック製の特徴です。

しかし、ガラス製同様に透明なので遮光性に弱く、日当たりが良いキッチンやお部屋での保存にはおすすめしません。また、熱にも弱いのでキッチンでの保存場所には注意しましょう。ガス台やトースターなどの近くは避けるようにしましょう。

銅製

銅には高い抗菌作用があり、細菌の繁殖を防ぐという大きな特徴があります。また、遮光性にも優れているため、コーヒー豆や食材の保存に適しています。

銅製のコーヒーキャニスターを扱っているメーカーは多くはありません。ですが、錆びにくく使えば使うほど見た目に味わいが出てくるため、マニアの方から長く親しまれています。

しかし、衝撃に弱いため落としたりするとヘコみやすく、長く使用するには手入れを入念に行う必要があります。

 

機能

最近のコーヒーキャニスターは機能性が高いものが多いため、購入する際は以下2点にも注目してみると良いでしょう。

  • 真空 or 密封性
  • 遮光

真空 or 高い密封性

密封性・真空のキャニスター

コーヒー豆は空気に触れると酸化して、鮮度や味が落ちてしまうほどデリケートな食材のため、真空or密封性が高いかもチェックしましょう。

特にコーヒーの美味しさや香りを重視する方は選ぶときの必須項目です。

高い密封性であればフタにシリコンパッキンがついているキャニスターがおすすめです。

さらに鮮度を守るために密封度の高いキャニスターがほしい方は、フタを回して真空状態にできるコーヒーキャニスターが最適です。

真空のキャニスターは価格もあがりますが、最近は良心的な価格のキャニスターも販売されているため、予算に合うものをチェックしましょう。

遮光性が高いもの

遮光性の高いキャニスターコーヒー豆は空気だけでなく、光や紫外線を浴びても鮮度が落ちてしまいます。

日当たりが良い家に住んでいる場合は、遮光性の高いコーヒーキャニスターを選ぶのがおすすめです。

素材でいうと「ホーロー製」「ステンレス」「陶器製」は遮光性がおすすめです。

数は少ないですが、二重構造で遮光の加工が施されているキャニスターも販売されているので、気になる方は選ぶ際に注目すると良いでしょう。

 

【おしゃれと評判】おすすめのコーヒーキャニスター10

コーヒーキャニスター
おしゃれと評判が高いおすすめのコーヒーキャニスター10個をご紹介します。

素材と商品の特徴から、どんな方におすすめかも記載しているので、自分にピッタリのキャニスターを探すのに役立ててくださいね。

 

スタバ(スターバックス)【リザーブ コーヒーキャニスター】

大手カフェチェーンで人気を集めるスターバックス(スタバ)の「リザーブ コーヒーキャニスター」

スターバックスリザーブのロゴとマット調のブラックがマッチしており、デザイン性が高くおしゃれです。

フタは密封性を重視して作られているので、酸化や風味を保てるのもポイントです。

「おしゃれなデザインと機能性を重視したい」「スタバが大好き」という方におすすめです。

スターバックス オンラインストアURL https://menu.starbucks.co.jp/
価格 1,670円(税込)
サイズ(幅×奥行き×高さ) 10.6×10.6×14.3cm
容量 250gのコーヒー豆が入る
本体素材 スチール
真空機能 なし

 

 

KALDI(カルディ)【キャニスター缶(伝説柄)】

コーヒーと輸入食品で話題を集めているKALDI(カルディ)の「キャニスター缶」

イラストレーター井上リエさんの「カルディ伝説」の絵柄をあしらったおしゃれなデザインです。

素材がスチールなので非常に軽く、パッキンにシリコンゴムがついているため、しっかりと密閉できます。

カルディで販売されている1パック200gのコーヒー豆がぴったり入るのもポイントです。「おしゃれなキャニスター缶がほしい」「コーヒー豆はカルディで買う」という方におすすめです。

カルディ オンラインストアURL https://www.kaldi.co.jp/ec/
価格 693円(税込)
サイズ(直径×高さ) 9.5cm×13.9cm
容量 200g~250g
本体素材 スチール
真空機能 なし

 

Felio(フェリオ)【エアリデューサースリム】

引用元:楽天

簡単に真空状態にできるガラス製のコーヒーキャニスターの「エアリデューサースリム」

  • 内部の空気を抜く
  • 手間なく簡単
  • おしゃれな見た目

この三拍子が揃っているため、コーヒー豆の鮮度だけでなくインテリアとしても申し分ないのが特徴です。

コーヒー豆投入後、空気弁を開けたフタをカチッと音がするまで下に押すだけで密封されるので、女性でも簡単に使用できます。

付属の記録シールで、「焙煎日」「豆の種類」などをメモして一目で鮮度が管理できます。「コーヒー豆の質に徹底的にこだわりたい方」におすすめです。

楽天 URL https://item.rakuten.co.jp/
価格 1,230円(税込)※楽天参考
サイズ(直径×高さ) 9.5cm×13cm
容量 300g

 

KINTO(キントー)【コーヒーキャニスター600ml】

引用元:amazon

磁器製のキャニスターで、直射日光対策も万全なKINTO(キントー)の「コーヒーキャニスター600ml」

フタにシリコンのパッキンが付いているため、コーヒー豆の鮮度を保つという機能性に優れている点が特徴です。

シンプルで温かみのあるデザインは、おしゃれなキッチンインテリアとして人気を集めています。

口径が広めにデザインされているので、コーヒー豆を袋から移して保存することはもちろん、袋のまま保存することも可能です。

食洗機で洗うことが可能なので、お手入れも簡単です。「袋のまま保存して、より鮮度を高めたい」という方におすすめです。

価格 2,420円(税込)※amazon参考
サイズ(直径×高さ) 11.0cm x 11.5cm
容量 600ml
本体素材 磁器
真空機能 なし
created by Rinker
KINTO(キントー)
¥2,420 (2024/05/28 00:16:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

ニトリ【磁器キャニスター600ml】

家具・インテリア・生活雑貨などがリーズナブルな価格で購入できるニトリの「磁器キャニスター」

本体にCOFFEEとシンプルな文字が描かれており、色味も白とシンプルですが、天然木のフタがワンポイントになっていておしゃれなデザインになっています。

フタの部分にはゴムパッキンがついているため、密封性が高いのもポイントです。遮光性もあるので、光からもコーヒー豆を守ってくれます。

「コスパが良いコーヒーキャニスターを探している」「シンプルでおしゃれなキャニスターが好み」という方におすすめです。

ニトリ公式通販 URL https://www.nitori-net.jp/ec/
価格 1,290円
サイズ(直径×高さ) 10cm×13cm
容量 600ml
本体素材 磁器
真空機能 なし

 

 

ANKOMN(アンコムン)【密閉容器エバーロック UVカット】

ANKOMN(アンコムン) 密閉容器エバーロック UVカット

出典:amazon

簡単に真空保存ができるANKOMN(アンコムン)の「密閉容器エバーロック」

フタの丸い部分がダイアル式になっており、コーヒー豆を入れて45°回すだけで簡単に真空状態で保存できますので、非力な方でも問題なく使用できます。

UVカットタイプは紫外線を100%遮断するため、酸化や紫外線からコーヒー豆を守ってくれるので保存精度も高いと言えるでしょう。フタは簡単に分解できて丸洗い可能なので、お手入れも手間がかかりません。

「簡単に真空保存できるキャニスターがほしい」という方におすすめです。

価格 5,720円(税込)※amazon参考
サイズ(直径×高さ) 14.5cm × 18cm
容量 コーヒー豆:約200g
本体素材 ABS樹脂
真空機能 あり

created by Rinker
ANKOMN
¥5,720 (2024/05/28 00:16:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

Diguo【コーヒーキャニスター】

引用元:amazon

サイフォン式のコーヒーメーカーでもあるDiduoが製造する「コーヒーキャニスター」

ステンレス製なので軽く、遮光性も高いため日光からコーヒー豆を守ることが可能です。また、フタにはゴムパッキンが付いているため密閉保存もしっかりできます。

フタ中央部には中に溜まる二酸化炭素を放出させる機能がついているので、酸化からコーヒー豆を守ることが可能です。他のキャニスターと比べても大容量のコーヒー豆が保存可能です。

そのため、コーヒー豆の弱点でもある「空気」「湿気」「光」から守ることができる点が最大の特徴です。

「大容量のコーヒーキャニスターを探している」「コーヒーの鮮度を維持したい」という方には必須のキャニスターです。

価格 2,599円(税込)※amazon参考
容量 500g
本体素材 ステンレス
密封度
備考 内部の空気(二酸化炭素)を放出

 

野田琺瑯【TUTU(ツツ)TU-11】

引用元:amazon

ホーロー製一筋の老舗メーカー、野田琺瑯が製造するキャニスター「TUTU(ツツ)TU-11」。自社で一貫生産している点も野田琺瑯ならではです。

TUTU(ツツ)の最大の特徴は、シール蓋とホーロー蓋の二重構造になっており、湿気や乾燥を防いでくれるので保存容器としてピッタリです。

ホーロー製は雑菌の繁殖を抑えてくれるので、コーヒー豆をより長期的に保存することが可能です。

シンプルで目を引くおしゃれなデザイン性から、野田琺瑯のキャニスターは絶大な人気を誇っています。

価格 2,191円(税込)※amazon参考
容量
本体素材 ホーロー製
密封度
備考 手洗い可、二重フタ
created by Rinker
野田琺瑯(Nodahoro)
¥2,026 (2024/05/28 09:16:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

籐芸(TOUGEI)【木のキャニスター】

引用元:amazon

木製食器を専門に扱う籐芸(TOUGEI)が制作する「木のキャニスター」

天然木で作られた美しくおしゃれな木目が、落ち着き感と温かみ、高いインテリア性を醸し出します。

木は湿気を外に逃がす性質があるのに加え、フタについたシリコンパッキンで密封性を高めているため、コーヒー豆の鮮度を保つにはピッタリです。

木の性質上、落としても割れにくいというメリットがあるので、お子様がいるご家庭でも安心して使用できます。本体はもちろん、シリコンパッキンも外して洗えるので衛生面もバッチリです。

コーヒーや調味料の名称が、本体に印字されているため、食品の保存容器として幅広く利用することができます。

価格 2,750円(税込)※amazon参考
容量 250ml(挽いた豆を125入れることが可能)
本体素材 木材
密封度
備考 ゴムパッキンの洗浄可

 

無印良品【樺細工コーヒーキャニスター100g】

無印良品 樺細工コーヒーキャニスター

出典:無印良品

家具・生活雑貨などで人気を集める無印良品のコーヒーキャニスターです。

秋田県仙北市角館では200年にわたって伝統工芸品が作られており、今回は秋田を拠点に活動するデザインカンパニー「casane tsumugu」とコラボして作られています。

桜皮の中でも、素朴な美しさをもつ希少材「霜降皮」を使用しているため、桜皮の美しさを楽しみながらコーヒー豆を保存することができます。

おしゃれで素朴な雰囲気が好きな方にぴったりと言えるでしょう。

内蓋もついているため、コーヒー豆を酸化や湿気から守るだけでなく、遮光性もあるので実用性も高いのも特徴です。

無印良品 ネットストアURL https://www.muji.com/jp/ja/store/
価格 16,500円(税込)
サイズ(直径×高さ) 7.8cm×高さ13.5cm
容量 100g
本体素材 桜皮、天然木
真空機能 なし

 

コーヒーキャニスターの使い方・保存方法

コーヒー豆とキャニスター
コーヒーキャニスターで、コーヒー豆の鮮度を維持する使い方・保存方法のポイントを解説していきます。

 

使い方

コーヒーキャニスターの使い方は、袋や測り売りのコーヒー豆を購入したら、キャニスターに豆のまま移してしっかり密閉するのが定番の使い方です。

外気に触れると劣化の速度が早まるため、移したあとは容器の口をしっかり閉めるようにしましょう。また、コーヒー豆は光にも弱いため、キャニスターに入れたら冷暗所(冷蔵庫の中など)で保存することは必須です。

 

保存方法

鮮度を保ったまま保存するための、3つのポイントを解説していきます。

パッケージや袋ごとキャニスターに保存する

コーヒー豆は外気にさらすと、酸化してしまい鮮度を落とす原因になるほどデリケートな食品です。

そのため、コーヒー豆の鮮度をより保つためには、袋やパッケージのままキャニスターに保存することがおすすめです。開封している場合は、口をしっかり閉じて袋のままキャニスターに入れるようにしましょう。

袋のまま保存することで、外気を避けて酸化を防ぐことができます。「鮮度にこだわりたい」「美味しいコーヒーが飲みたい」という方は、袋ごとキャニスターに入れ適切な場所での保存をおすすめします。

冷蔵庫でキャニスターごと保存する

コーヒー豆は光や温度にも弱いので、低温で光を遮断する冷蔵庫での保存が最適です。

しかし、購入時の袋のまま保存すると他の食材に匂いが移ったり、湿気を吸う原因になるため、必ず袋ごとキャニスターに入れて保存するようにしましょう。キャニスターに入れて保存することで、より鮮度をより長く保つことが可能です。

コーヒー粉よりもコーヒー豆の状態で保存する

粉状にするとすぐに飲めるというメリットがありますが、コーヒー粉にすると保存期間はだいたい1週間程度と短くなります。

コーヒー豆の状態だと、約1ヵ月は保存できるので鮮度・味を保ちたい場合は、豆のままキャニスターに入れて保存することをおすすめします。

 

コーヒーキャニスターを活用して鮮度を維持しよう

コーヒーキャニスター
今回はコーヒーキャニスターを探している方に、おしゃれで機能性に優れたおすすめのコーヒーキャニスター10個をご紹介しました。

大きさ・素材・機能は様々ですが、飲む頻度によって小さめor大容量を選ぶようにしましょう。また、素材はそれぞれの特徴とコーヒー豆を保存する場所に応じて選ぶと良いです。

コーヒー豆は、酸化や光に弱いデリケートな食品です。コーヒーキャニスターに保存する時は、「袋ごとキャニスターに入れる」「冷暗所で保存する」など、一工夫加えるとより鮮度を保つことができます。

コーヒーキャニスターはメーカーによって真空や遮光、おしゃれなど特徴も様々です。自宅で美味しいコーヒーを飲むためにも、コーヒー専用のキャニスターを是非購入してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. コーヒープレス

    コーヒープレスの使い方&おすすめ5選!美味しく入れるコツも

  2. コーヒーマシン

    人気のオフィスコーヒー5選を比較!種類や選び方のポイントも

  3. 水出しコーヒーポットでコーヒーを注ぐ

    水出しコーヒーを入れる器具おすすめ15選!初心者向けや業務用も

  4. 【2024】セブンイレブンコーヒー完全ガイド!他コンビニとの比較も

  5. アンティーク調のコーヒーミル5選!インテリアとしても人気のミルを紹介

  6. コーヒーマシン

    コーヒーマシンおすすめ15選!家庭用〜業務用までカプセル式も

  7. 《初心者必見》美味しいコーヒーの淹れ方を種類ごとに解説!基本も網羅

  8. ガラスローテーブルがあるおしゃれな部屋

    ガラスのコーヒーテーブルおすすめ10選!おしゃれな円形や白・黒など

  9. 一人暮らし用で人気の電動コーヒーミル8選!小型からコードレスも

PAGE TOP