注目の記事 PICK UP!

おしゃれなコーヒードリッパー15選!人気の陶器やガラス製も

並んだコーヒー器具

「ドリップコーヒーで使うおしゃれな道具を探している」
「おしゃれなコーヒードリッパーがほしい」
自宅でドリップコーヒーを淹れる時に、おしゃれなコーヒー道具や器具で淹れるだけでテンションが上がりますよね。

しかし、ネットで探してみると、どのコーヒー器具や道具・ドリッパーもおしゃれで、どれにすれば良いのか悩みますよね。

今回はそんな方のため、ドリップコーヒーの道具の1つでもあるおしゃれなで人気のコーヒードリッパーをご紹介します。

コーヒードリッパーの種類と選び方も解説していますので、おしゃれなだけでなく、機能性も良いドリッパーを選ぶ際の参考にしてくださいね。

 

 

コーヒードリッパーの種類と選び方

コーヒー器具ドリッパー
ここではコーヒードリッパーを選ぶ際に見るべき「素材」「形状」について解説していきます。

素材

コーヒードリッパーの素材は主に「プラスチック」「ガラス」「金属」「陶器」があります。それぞれの特徴とどんな方におすすめかを解説していきます。

プラスチック製

プラスチック製コーヒードリッパープラスチック製のドリッパーは、素材の中でもリーズナブルな価格かつ軽量で扱いやすい点が特徴です。

最近では、AS樹脂などと記載されることも多いです。透明なので、ドリップの際にお湯の流れや抽出量などを一目で確認することが可能です。

しかし、使用していくうちにお湯により変色や変形したり、ヒビが入ったりと経年劣化しやすいのが難点です。

「ドリッパーを初めて使う」「まずはドリッパーを使ってみたい」という初心者におすすめです。

 

ガラス製

ガラス製のコーヒードリッパーガラス製のドリッパーは、ガラスならではの透明感と美しいデザインが特徴です。

プラスチック製と同様に、見た目が透明なのでドリップ時にお湯の流れや抽出量を一目で確認できますが、デザイン性も楽しめる点がポイントです。

しかし、強い衝撃で割れやすい素材なので扱いには注意が必要です。また、使用する前にドリッパーをお湯で温める一手間も必要になってきます。

「ドリップ時の淹れる工程を楽しみつつもおしゃれなデザインも重視したい」という方におすすめです。

 

金属製(ステンレス・銅など)

金属製(ステンレス)のコーヒードリッパー金属製のドリッパーは、熱伝導率が高くドリップの際のお湯の温度を一定に保てる点が特徴です。

経年劣化しにくく、落としても割れない耐久力があるため、長く愛用することができます。デザインもスタイリッシュでクールな印象なものが多いので、おしゃれさを重視したい方にもピッタリです。

しかし、金属はステンレスや銅などで作られているため、値段が少し高い点がデメリットです。

ドリッパーを温めたり、温度管理が必要になるため「ある程度ドリップコーヒーを淹れた経験がある中級者」「ドリップコーヒーをよく淹れる」というにおすすめです。

 

陶器

陶器製のコーヒードリッパー陶器のドリッパーは、陶器ならでは重量感と落ち着きのあるおしゃれなデザインが特徴です。

陶器なので、お湯による劣化が起こりにくい上に保温性も高い点がポイントです。

また、最近ではメーカーによっておしゃれなロゴや模様が入っていたりと、機能性だけでなく手づくりならではのおしゃれさも重視されています。

耐久性も高く、陶器の重みで他のコーヒーサーバーなどの器具や道具と合わせた際の安定性もバッチリです。

しかし、落としたらほぼ確実に割れてしまうのがデメリットです。金属製同様に、一度ドリッパーを温めてから使うことで美味しいコーヒーを淹れることができます。

「機能性・デザイン性のどちらも重視したい」「ドリップコーヒーの経験がある中級者~上級者」の方におすすめです。

 

 

形状

コーヒードリッパーはコーヒー器具・道具の中でも、様々な形状があります。
ここでは、その形状の種類と特徴について解説していきます。

台形型

台形型のコーヒードリッパー台形型のコーヒードリッパーは、ドリッパーの底にコーヒーが溜まってからじっくりと抽出されるため、お湯を淹れるスピードに左右されない点が特徴です。

お湯とコーヒーの接触時間が長いため、コーヒー本来の苦味とコクをしっかり感じられるコーヒーが味わえます。お湯のスピードに左右されないため、初心者におすすめの器具です。

 

円錐型

円錐型のコーヒードリッパー円錐型のコーヒードリッパーは、抽出穴に向かってお湯がストレートに流れるため、すっきりとした味わいのコーヒーを作ることができます。

また、お湯の流れを調整できる点が円錐型の特徴です。

ドリッパー内側にあるリブという溝が、直線型かスパイラル型かでお湯の流れが異なるので、自分好みの味に調整することが可能です。

そのため、ある程度コーヒードリッパーの扱いに慣れている方やドリップコーヒーを何年に淹れている方におすすめの器具です。

 

穴の数と大きさ

ドリッパーによって、穴の数も異なります。

穴が1つなど少ないほどお湯がゆっくり落ちるので濃い目のコーヒーが抽出され、穴の数が3つなど多いほどお湯が早く落ちるので薄目のコーヒーが抽出されます。

また、穴の数が1つでも大きければ薄目のコーヒーが抽出できたりと、コーヒーの味が大きく変化します。購入の際は器具のデザインだけでなく、中の形状にも目を配り、どれが自分に合っているのかを確認しましょう。

 

リブ

ドリッパーによってリブ(器具内側にある溝のこと)の形状も異なります。

リブがあることで、ペーパーフィルターとドリッパーの間に隙間ができ、必要なガス抜きの通り道になるので蒸らしの工程でガス抜きがしやすくなります。

リブは直線とスパイラル型(螺旋状)の2種類があります。
■直線・・・あっさりとした味わい
■スパイラル型・・・コク深い味
上記のように仕上がるので、どちらの味が好みかを理解して購入するようにしましょう。

 

 

おしゃれなコーヒードリッパー10選

おすすめのコーヒードリッパー
ここでは、おしゃれなコーヒードリッパーを「プラスチック製」「金属製」「陶器」「ガラス製」にわけて、全部で10個ご紹介していきます。

プラスチック製

プラスチック製は初心者でも扱いやすいドリッパーを2つご紹介します。ドリッパーのみでなく、コーヒー道具を一式揃えられるセットありのものも記載しているので参考にしてみてくださいね。

Melitta(メリタ)【コーヒードリッパー アロマフィルターシリーズ AF-M1×1】

コーヒーメーカーで有名なカリタのコーヒードリッパー。素材はプラスチック、形状は台形なので、軽くて扱いやすいコーヒー器具です。

「直線のリブがお湯の流れをコントロール」「フィルター横のドリップ孔が蒸らし効果を高める」ので、お湯を注ぐだけで、味と香りを挽きたてたコーヒーが抽出できます。

1~2杯用と2~4杯用があるので、必要な杯数に応じてサイズを選ぶことも可能です。

「初心者にも使いやすいドリッパーを探している」「まずはプラスチック製でドリップを始めたい」という方におすすめです。

サイズ 幅11cm×奥行9.5cm×高さ7.2cm
素材 AS樹脂(プラスチック)
形状 台形
リブ 直線
穴の数 1つ

 

珈琲サイフォン【コーノ名門 MDN-21】

1925年創業でサイフォンコーヒーを発明・実用化した珈琲サイフォンのコーヒードリッパー。

円錐型でドリッパーの下の方にリブが入っているので、お湯が流れやすく初心者でも扱いやすい点がポイントです。

円錐タイプならではの苦味と甘みがバランスよく取れたコーヒーを安定して抽出できます。

コーヒードリッパー単体のみの購入も可能ですが、4人用のコーヒードリッパーセットも販売されているので、コーヒー器具・道具を一式揃えたい方にもピッタリです。

「コーヒードリッパーを始め、コーヒー道具・器具を一式揃えたい」という初心者におすすめです。

サイズ 幅12cm×奥行10cm×高さ8cm
素材 アクリル樹脂(プラスチック)
形状 円錐
リブ 直線
穴の数 1つ

 

 

ガラス製

ガラス製でおすすめのドリッパーを2つご紹介します。

HARIO(ハリオ)【コーヒードリッパーポットセット CFO-2B】

世界のバリスタに好評のメーカーHARIOのコーヒードリッパーポット。

ポットとドリッパーがセットになった一体型で、ペーパーフィルター不要でドリップコーヒーを淹れることができます。

円錐型のステンレスフィルターにより、コーヒー本来の香りやオイルを抽出するので香り高いコーヒーを淹れることが可能です。本体は透明、ドリッパーが黒なので使用していない時でも、シックな色合いでおしゃれと評判です。

「セット一体型のコーヒードリッパーを探している」という方におすすめです。

サイズ 幅33cm×奥行30.5cm×高さ50.8cm(ポットにセットした時のサイズです)
素材 ステンレス(サーバー本体はガラスです)
形状 円錐
リブ スパイラル
穴の数 なし

 

OXO(オクソー)【ガラスコーヒードリッパー 2~4杯用】

1990年創業で「多くの人にとって使いやすい製品デザインである」という理念をもつ、オクソーのコーヒードリッパー。

シンプルな見た目ですが、ドリッパーに印字されているロゴがさりげないおしゃれさを演出します。

コーヒーサーバー・マグカップのどちらでも抽出可能なので、淹れるスタイルを柔軟に対応したい方にはピッタリのコーヒー道具です。

また、ドリッパーにはマグカップやサーバーなど、他の道具を傷つけないようにシリコンがついています。そのため、カップ欠けなども防げるだけでなく、抽出時もズレることがないので安定してコーヒーをドリップできます。

「シンプルなコーヒードリッパーが良い」「ガラス製のコーヒードリッパーを探している」という方におすすめです。

サイズ 幅33cm×奥行30.5cm×高さ50.8cm
素材 ステンレス(本体はガラスです)
形状 円錐
リブ スパイラル
穴の数 なし
created by Rinker
OXO (オクソー)
¥3,490 (2022/10/06 16:44:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

金属製

ステンレスや銅製のコーヒードリッパーを3つご紹介します。

GLOCAL STANDARD PRODUCTS【ツバメドリッパーブラック4.0】

「不変で不偏」をコンセプトにコーヒー製品を製造・販売するグローカルスタンダードプロダクツのコーヒードリッパー。ツバメのワンポイントとシックな色合いがおしゃれなコーヒードリッパー。

琺瑯(金属の表面にガラス質の釉薬を焼き付けた素材)で加工されているので、独特な質感と光沢もおしゃれとデザイン性は高評判です。また、琺瑯加工されていると香りがドリッパーに移りにくいため、コーヒー本来の香りと味が堪能できます。

1つ穴なので濃い目のコーヒーが好きな方にはピッタリ。一度に1~4杯のコーヒーをドリップできるので、一人暮らしではもちろん友人を呼んだ際にも重宝するコーヒー器具です。

「機能性はもちろん、おしゃれなデザイン性も重視したい」「濃い目のコーヒーが好き」という方におすすめです。

サイズ 幅14cm×奥行12cm×高さ8.5cm
素材 ステンレス・琺瑯
形状 円錐
リブ 直線
穴の数 1つ
created by Rinker
GLOCAL STANDARD PRODUCTS
¥4,620 (2022/10/06 05:04:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

HARIO(ハリオ)【ダブルメッシュメタルドリッパー DMD-01-HSV】

コーヒーバリスタから評判のハリオのオールステンレス製コーヒードリッパー。ペーパーフィルターが不要ながらも、きめ細かいステンレスのフィルターでコーヒーがドリップされるので、コーヒーオイルを感じる独特な味を楽しめます。

また、コーヒー粉の微粉も出にくいため、滑らかな舌触りのコーヒーを抽出できます。ドリッパー内に目盛りが印字されているので、計量スプーンがなくても分量を一目で計れる点もポイントです。

マグカップに直でドリップすることも可能なので、一人分~複数人分のコーヒーを淹れることも可能です。

「オールステンレスのドリッパーがほしい」「コーヒー本来の味にこだわりたい」という方におすすめです。

サイズ 幅10.9cm×奥行13.2cm×高さ8.1cm
素材 ステンレス鋼
形状 円錐
リブ なし
穴の数 1つ

 

Kalita(カリタ)【ウェーブシリーズ WDC-155】

家庭用・業務用問わず、質の高いコーヒーが淹れられるようにコーヒー器具や道具を製造・販売するカリタのドリッパー。

金属加工で有名な新潟県燕市でつくられた銅製のドリッパーです。銅製は熱伝導性が高いため、ドリップコーヒーで重要な温度にこだわることができます。

特徴はカリタ式の3つ穴構造で、フィルターとウェーブゾーンにコーヒーが留まらないため、雑味の抽出が少ない美味しいコーヒーをドリップできます。

カリタのウェーブフィルター(ペーパーフィルターのこと)を使用すると、抽出時間をよりコントロールすることができます。

「コーヒーの味・抽出時間にとことんこだわりたい」という方におすすめです。

サイズ 幅7cm×奥行11cm×高さ11cm
素材 銅製
形状 円錐
リブ なし
穴の数 3つ

 

 

陶器

陶器製でおすすめのコーヒードリッパー器具を3つご紹介します。

Kalita(カリタ)【陶器製コーヒードリッパーセット】

初心者でも質の高いコーヒーが淹れられるように、コーヒー器具・道具を開発するカリタのコーヒードリッパー。陶器製ならではの温もりと、重厚感がさりげなくおしゃれさを演出します。

カリタ式の3つ穴+台形形状なので、ドリッパーにコーヒーが留まらず、雑味が少ない美味しいコーヒーが淹れることが可能です。

陶器ならではのおしゃれなデザイン性で、機能性はシンプルですが、その分初心者からベテランの方にも使いやすいコーヒー道具です。

サーバーもセットになっているので、ドリッパー・フィルター・サーバーのセットをまとめて購入したい方にもピッタリです。

「初心者でも使いやすい陶器製のドリッパーがほしい」という方におすすめです。

サイズ 幅12cm×奥行11cm×高さ7cm
素材 陶器
形状 台形
リブ 直線
穴の数 3つ

 

amabro(アマブロ)【REGULAR DRIPPER】

和食器で有名なアマブロが製造・販売するコーヒードリッパー。

民芸の器で使われている釉薬(陶器や琺瑯の表面を覆っているガラス質)が使用されているため、深みのあるヴィンテージ感あるおしゃれなデザインが特徴です。

3つ穴なので抽出速度が速く、雑味の少ないコーヒーをドリップできるので初心者にもピッタリです。

また、陶器製なので匂い移りの心配もなく、コーヒー本来の味を楽しむことができます。紐がついているので、フックにかけての収納も可能なのでかさばる心配がありません。

「陶器製で独特なおしゃれなデザインのドリッパーがほしい」という方におすすめです。

サイズ 幅11.6cm×高さ9cm
素材 陶器
形状 台形
リブ 直線
穴の数 3つ

 

ゼロジャパン【ドリッパーブルー Sサイズ】

海外のカフェで人気の日本のメーカーであるゼロジャパンが製造・販売するコーヒードリッパー。

最大の特徴はゼロジャパン式の2つ穴で、コーヒーが抽出される速度のバランスが良いため、苦味・コクなど味のバランスが取れたドリップコーヒーを抽出できます。底の部分に隙間があるので、ドリップ量を一目で確認できる点もポイントです。

また、表面に釉薬によるやさしい色合いを表現しているため、陶器製ならではの独特かつおしゃれなデザインも人気の秘訣です。

「安定した味のコーヒーを淹れたい」という方におすすめです。

サイズ 幅10cm×奥行13cm×高さ8.2cm
素材 陶器
形状 台形
リブ 直線
穴の数 2つ

 

 

おしゃれな道具でドリップコーヒーを楽しんでみては

コーヒードリッパーとサーバー
今回は、ドリップコーヒーで使うおしゃれなコーヒー道具で人気のドリッパーを10個ご紹介しました。

コーヒードリッパーは素材が
■安価で軽量の”プラスチック”
■美しくおしゃれな”ガラス”
■経年劣化がしにくい”金属”
■デザイン・機能性のバランスがとれた”陶器”
と様々なので、特徴を理解した上で自分に合ったものを選びましょう。

形状も「円錐」「台形」「穴の数や大きさ」「リブ」で味が異なるので、自分の好みに近いコーヒーがドリップできるドリッパーを選びようにしましょう。

ぜひ、おしゃれなコーヒー道具・器具を見つけて、ドリップコーヒーの時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 2つのコーヒー用水筒

    コーヒー用の水筒おすすめ10選!選び方や正しい入れ方も

  2. 電動コーヒーミル

    電動コーヒーミルおすすめ7選!選び方や手動との違いも

  3. 《初心者必見》美味しいコーヒーの淹れ方を種類ごとに解説!基本も網羅

  4. 業務用の水出しコーヒー器具

    業務用の水出しコーヒー器具おすすめ5選!美味しく入れるコツも

  5. 缶コーヒーを飲む

    自動販売機で買える美味しい缶コーヒーランキング!おすすめ商品を紹介

  6. コーヒーとスイーツ

    コーヒーと相性抜群のスイーツ10選!選び方や合わないお菓子も

  7. おしゃれな水筒

    コーヒー用のおしゃれなマイボトルおすすめ10選!入れる際の注意点も

  8. セラミック製のコーヒーミルを徹底解説!金属との比較やおすすめもご紹介!

  9. 臼式の電動コーヒーミルおすすめ3選!プロペラ式との違いも

PAGE TOP